報知杯フィリーズレビュー2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は報知杯フィリーズレビューの本命馬予想です。

まず枠順傾向から調べたいと思います。過去10年の枠順傾向は以下の通りです。

このレースは毎回多頭数ですが複勝率で見ると傾向はフラットと判断して良いでしょう。次にコースデータです。2008年以降の開幕5~6日目で16頭立て以上のデータです。

こちらのデータも内外の差は無いと判断して良いでしょう。 レースデータとコースデータから判断すると枠順傾向はフラットという結論です。

それでは本命馬予想に入ります。現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ上位4頭は以下の通りです。

1 モルトアレグロ 2.7

2 アマルフィコースト 4.0

3 アンコールプリュ 5.1

4 コーディエライト 5.3

この中から本命馬候補を選びたいと思います。

モルトアレグロ

このメンバーでは阪神ジュベナイルフィリーズ5着の実績は大きい。ただ4着以下は離されていたのでこのメンバーで能力が抜けていると言う程でもない。しかし1400mも2戦2勝しているので距離適性と実力を考えると1番人気も頷ける。

アマルフィコースト

前走はファンタジーステークスで1番人気だったが3着。着差はコンマ1秒差なので悲観する内容ではない。戦績は3戦2勝でOP1勝と重賞3着。このメンバーでは確実にOPレベル以上であるという実績を残している。

アンコールプリュ

ディープ産駒で2戦2勝。これだけで買い要素十分です。問題は力関係。勝った時の2着馬は以降際立った成績を残していない。これをどう判断するか?

コーディエライト

逃げれば強い。2走前はアマルフィコーストにも先着している。ただ今回はラブカンプーという強力な逃げ馬がいる。枠順次第では逃げられるかもしれないが、競りかけられたら大敗もあり得る。

 

以上が上位4頭の評価です。コーディエライトはちょっと怖いかなという感じですが、この中で現時点での本命馬候補1番手は

この馬☟

中央競馬ランキング
迷いましたが、騎手のコース実績が判断理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です