函館2歳ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回は函館2歳ステークス最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ラブミーリッキー
1枠2番 ガイセン
2枠3番 スズカカナロア
2枠4番 トーセンオパール
3枠5番 カルリーノ
3枠6番 アスターペガサス
4枠7番 イチゴミルフィーユ
4枠8番 エムティアン
5枠9番 ロードワンダー
5枠10番 ラブミーファイン
6枠11番 ナンヨーイザヨイ
6枠12番 ラブリロンリロンス
7枠13番 レコードチェイサー
7枠14番 ヒストリコ
8枠15番 ホールドユアハンド
8枠16番 ニヴィアン

 

脚質も定まっていない馬同士の対決なので、枠順の有利不利は正直分からない。

単純に過去傾向から中枠の3枠~6枠が比較的有利かなと思います。

上位人気馬では3枠6番アスターペガサス6枠11番ナンヨーイザヨイは良い枠に入ったと言えるでしょう。

 


そして最終結論ですが、まず対抗馬は上位人気馬から4頭中2頭選びます。

今回はワイド本線2点勝負です。

掛け金は目安として2000円勝負です。

(対抗馬)

◎―〇 ナンヨーイザヨイ (1100円)

◎―〇 アスターペガサス (900円)

消 カルリーノ

消 ホールドユアハンド

 

1頭の対抗馬ナンヨーイザヨイは岩田騎手がカルリーノやスズカカナロアを蹴って選んだ馬。

2頭目の対抗馬アスターペガサスは前走は大型馬ながらも余裕の勝利で今回上澄みが高そう。

 

今回の消し馬はカルリーノホールドユアハンドです。

カルリーノは岩田騎手が蹴った馬であるということ。

ホールドユアハンドはダート馬でしょう。

 

そして本命馬は‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

やや内枠に入ってしまったが、当初の1番手候補と変わらずです。

このレースは牝馬の活躍が目立つレース。

そしてこの記事で書いた消去法で残った数少ない馬の1頭である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください