函館記念2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は函館記念枠順・脚質・血統傾向の記事です。

現時点の登録馬は16頭で除外馬は無しです。

 


まず枠順傾向です。

データは2008年以降から調べます。

函館記念は開幕4日目ですが、過去10年で2回だけ6日目開催があります。

しかしこのくらいの差なら大して変わらないので、開催日は限定しません。

今回の登録馬は16頭立てですので、16頭限定で調べました。

 

 

これを見ると複勝率で1枠から4枠が有利なようです。

昨年は重馬場の影響か3着まで外枠決着という結果でしたが、基本的には内枠有利です。

 

今度はコースデータです。

2008年以降で開幕4~6日目のフルゲート限定のデータです。

 

 

これを見ると1枠~3枠が有利で特に1枠です。

ただ6枠7枠も良いです。

 

コースデータ的には外枠も見限れませんが、レースデータとコースデータで共通するのは内枠有利ということ。

レースデータは4枠まで、コースデータは3枠までが有利ですが、

今回の結論は

 

1~4枠まで有利

 

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2008年以降で調べました。

 

 

圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

特に今回上位人気になるであろう4頭のサクラアンプルールスズカデヴィアストリコロールブルーブレスジャーニー全て差し・追い込み馬です。

そうなると穴目の馬は逃げ先行馬で決め打ちしてもよいかもしれません。

今回の登録馬で逃げ・先行馬は

 

エアアンセム
カレンラストショー
クラウンディバイダ
マイネルハニー
ヤマカツライデン

 

この5頭です。

netkeibaさんの想定オッズでは5頭全てが5番人気以下。

穴狙いならこの5頭ではないでしょうか。

 


最後に血統傾向です。

近5年の活躍馬の傾向は父or母父にノーザンダンサー系です。

次いでロベルト系です。

今回の登録馬で該当するのは

エアアンセム
カデナ
カレンラストショー
クラウンディバイダ
ゴールドサーベラス
トリコロールブルー
ナイトオブナイツ
ナスノセイカン
ブレスジャーニー
マイネルハニー
ヤマカツライデン
ロジチャリス

以上12頭です。青字がノーザンダンサー系赤字がロベルト系です。

頭数が多いので絞るならノーザンダンサー系だと思います。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の注目馬は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近年大荒れ傾向が強いレース。

そして狙うなら人気薄の逃げ・先行馬。

今回から乗り替わり予定の騎手は過去5年で当コース複勝率40%を超え

枠順次第であるが、内枠なら全く人気が無くても狙ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください