函館記念2018予想 本命&穴馬候補

こんばんわ、ワイド師です。今回は函館記念の本命&穴馬候補の記事です。

ヤマカツライデンが回避して、15頭立ての競馬となりました。

 


それではまず本命馬(穴馬)予想です。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 トリコロールブルー 3.1
2 スズカデヴィアス 6.4
3 ブレスジャーニー 6.4
4 サクラアンプルール 7.0
5 ブラックバゴ 7.2
6 エアアンセム 8.7
7 マイネルハニー 11.0
8 ナイトオブナイツ 11.5
9 クラウンディバイダ 25.2
10 カレンラストショー 38.7
11 ナスノセイカン 40.4
12 カデナ 41.1
13 ロジチャリス 76.6
14 ゴールドサーベラス 83.5
15 エテルナミノル 92.5

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

まずカレンラストショーは週頭の候補馬でしたので、このまま残します。

その他で候補馬をもう1頭抽出したいと思います。

枠順次第になりますが、内枠ならこの馬にも十分チャンスはあるでしょう。

 

本命馬候補(B)??????

ヤマカツライデンの回避はこの馬にとってはプラス要因。

これで逃げれるチャンスがでてきた。

もう2頭同型馬がいるが、控えても問題ないタイプ。

内枠条件で今回の鞍上が積極的な競馬をしてくれれば、隊列はスンナリ決まると思う。

洋芝適性で一抹の不安はあるが、3走前にはスズカデヴィアス に同斤量で競り勝っている。

それでこの馬がこの程度の人気なら狙ってみたい。

 


次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

トリコロールブルー

函館記念で1番人気は絶不調。

過去10年で馬券内2回だけで勝利無し。

データ的には蹴ってしまった方が旨みがあると思う。

しかし、成績的には連勝後の格上挑戦で鳴尾記念3着。

鞍上ルメールで斤量はスズカデヴィアスやサクラアンプルールより軽い56キロ。

データだけで消すには早計過ぎる。

逆に有利なデータはこのレースで4歳馬は複勝率40%超えでムチャクチャ強い。

 

スズカデヴィアス

問題は脚質。

後ろ過ぎると届かない可能性はある。

洋芝経験は札幌で1度だけで成績は2番人気で9着。

この1度だけでは何とも言えないが不安要素ではある。

ただ近走ハンデ重賞2連続馬券内で勢いはある。

昨年もハンデ重賞の福島記念で2着に来ているので、ハンデ戦では注意が必要。

 

ブレスジャーニー

長期休養後G1の2戦は仕方がないとしても、近2走は共に人気を下回る成績。

調子が戻らないのか、ピークが過ぎたのかわからないが現時点では判断が微妙なところ。

今回は鞍上が柴田善臣騎手に変わるので、手の合う鞍上で一変となるかどうか。

 

サクラアンプルール

日経賞3着後の今回函館記念。

昨年は大阪杯13着→函館記念9着→札幌記念1着というローテーション。

今回と間隔はほぼ変わりがない。

目標は札幌記念でここは叩き台?という推測もできる。

ただ今回トップハンデで人気は落とすと思うが、実績を考えると4番人気なら妙味ありかもしれない。

 


以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補2頭目と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください