函館スプリントステークス2018予想 本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。今回は函館スプリントステークスの本命&対抗馬候補の記事です。

現時点での登録馬は17頭です。

 


それではまず本命馬(穴馬)予想です。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ナックビーナス 2.9
2 ダイアナヘイロー 4.9
3 ワンスインナムーン 5.0
4 セイウンコウセイ 6.6
5 キングハート 7.1
6 ジューヌエコール 13.0
7 ティーハーフ 20.5
8 ライトフェアリー 23.4
9 ラインスピリット 31.2
10 エポワス 32.3
11 ヒルノデイバロー 42.4
12 アドマイヤゴッド 44.1
13 タマモブリリアン 52.6 

 

本命馬は6番人気以下から狙いたいと思います。

まずティーハーフは週頭の候補馬でしたので、このまま残します。

その他で候補馬をもう1頭抽出したいと思います。

 

本命馬候補(B)??????

北海道競馬は初なので何とも言えないが、血統的にはダート色の強い父と母父にはいかにもパワー型血統というグレイソヴリン系の血を持つ馬。

洋芝で力の要る馬場は向きそうな感じがします。

そして前走はG2でグレーターロンドンやサトノアレスと好勝負をして復調気配。

オッズ的にも美味しそうなので狙ってみたいです。

 


次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

ナックビーナス

中山1200専用機だと思って馬鹿にしていたが、前走の高松宮記念3着には驚いた。

ただ良績が内枠に偏っているので、枠順次第というところもある。

せめて9番ゲート内には入って欲しい。でなければ沈む可能性も十分にある。

 

ダイアナヘイロー

ピンかパーかという極端な成績。

今回ワンスインナムーンという同型馬がいるのでそこの駆け引きが重要になると思う。

北九州記念では2番手での競馬でも結果を残しているので、控えることもできるとは思うが‥‥

鞍上武豊の手腕にかかっていると思う。

 

ワンスインナムーン

スプリンターズステークス3着という実績は強調材料である。

ただ海外帰り後の馬は少し疑ってみたくなる。マカヒキ・キセキ・エピカリスなどの海外帰り後の成績は決してよくない。

前走は海外帰り初戦でコンマ4秒差の5着だった。

それならば今回は上がり目があるかもしれない。しかしマカヒキのように以前の能力が出せない可能性もある。

判断が難しい1頭である。

 

セイウンコウセイ

3走前のシルクロードステークスで復活したかと思えば、近2走は共に凡走。

特に前走は1着馬とコンマ5秒差とは言え12着というのは不甲斐ない。

昨年のこのレースでも1番人気に支持されながらも4着。

今回4番人気想定だが、もう少し人気が無ければ面白い存在なのだが‥‥

 

キングハート

昨年2着に好走しているようにコース適正はあると思う。

前走の高松宮記念は後方からの競馬になってしまい自分の競馬ができなかった。

2走前のオーシャンステークスではナックビーナスを撃破してるので力は十分ある。

 


以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補2頭目と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

今回軽視予定の馬の最大の理由は前走の鞍上が今回ナックビーナスを選んだこと‥‥だと思う。

騎乗依頼の真相は分からないが、多分そうじゃないかなと‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください