共同通信杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は共同通信杯2019の枠順確定後の最終結論です。

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

降雪の影響で前売りがないので、オッズが分かりません。

 

 

枠順傾向の記事では穴馬に関しては4番ゲート以降有利と判断しています。

何故か穴が出る年は必ず4番ゲート以降というジンクスがあります。

7頭立てですから枠順は気にしなくて良いと思いますが、一応言いますが東京芝1800mは物理的に内枠有利です。

 

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

そしてその2頭は

 

(対抗馬)

1枠1番 ダノンキングリー(1700円)

 

(抑え馬)

4枠4番 アドマイヤマーズ(300円)

 

オッズが出ていないので判断ができないのですが、恐らくアドマイヤマースは断トツ1番人気でしょう。

多分ここから入っても妙味ゼロの馬券にしかならない気がします。

そこで血統傾向とデータ推奨馬で合致した唯一合致した上に、物理的に有利とされる1枠1番を引いたディープ産駒のダノンキングリーを対抗馬としました。

ワイド馬券なので、アドマイヤマースが来てもまだ2席残っているのでチャンスはあります。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

狙うのは同じくディープ産駒。

前走の走りは未知なる可能性を秘めています。

出遅れ、大外ぶん回しで完勝した内容から考えると3着を狙える可能性は十分ある。

鞍上的に評価が低くなっている部分もあるが、この鞍上は差し・追い込みが得意な騎手である。