共同通信杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は共同通信杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦です。

現時点の登録馬は8頭で断然人気が確実のアドマイヤマーズが出走予定。

どうやってワイド馬券で儲けるか難しいです。

だったら馬連・馬単でも買えよって言われそうですが、そこはブログタイトルに偽りなしでワイド勝負です。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

東京芝1800mはスタートしてすぐコーナーがあるので、物理的に外枠が不利になります。

複勝率を見ても1~9番ゲート辺りまでが馬券対象と考えて良いでしょう。

しかし今回の登録馬は8頭ですので、有利不利は無いと言って良いでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータは面白いですね。

確実に内枠有利なコースでありながら穴馬は4~9番ゲートに集中している。

単なる偶然かもしれないし、他に理由があるかもしれませんが正直理由は分かりません。

ですが今回はこのデータを重視します。

 

今回の結論は

 

4~8番ゲート有利

 

と判断します。

ただし穴馬に限ってです。

人気馬は特に気にしなくて良いでしょう。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝率・複勝率を見ると圧倒的に先行馬有利です。

ですが逃げ馬はそれ程でもありません。

むしろ差し馬の成績の方が良いです。

 

脚質判断は今の時期は微妙ですが、4戦連続先行している

 

アドマイヤマーズ

 

この馬は傾向から判断するとかなり有利です。

実力も脚質傾向も断然となると切る要素がないですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトorミスプロ系又は母父にロベルト系です。

今回の該当馬は

 

クラージュゲリエ
ゲバラ
ダノンキングリー

 

以上3頭です。

敢えてアドマイヤマーズの弱点を挙げるとすれば血統でしょう。

ダイワメジャー産駒の適正距離はマイルがベストで1800はやや長い

それでも8頭立てで圏外は考えにくいですが。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

このレース上位決着の可能性が高い気がするのですが、未知なる可能性に賭けるとすれば無敗のこの馬。

新馬は出遅れて離れた後方2番手。

最後は大外ぶん回しで勝利という粗削りな競馬。

しかし血統から考えると化ける可能性も十分ある。