共同通信杯2018 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は共同通信杯の本命馬予想です。

出走馬が確定して、今回は12頭立てのレースとなりました。枠順傾向もこの頭数に近いデータで調べたいと思います。

東京芝1800mはスタートしてすぐカーブに入るので、基本的に内枠有利。頭数が増えるほど顕著にその傾向が出ます。しかし、今回は少頭数なのでそこまで影響があるのか調べます。まず今回のサンプルデータは11~13頭立てで調べます。このレースでは過去10年で5レースありました。

サンプル数が少ないのですが、勝率は6番ゲートまで。複勝率は8番ゲートまでが有利なように見えます。次にコースデータです。こちらも同じく2008年以降の11~13頭立てで調べます。

こちらは勝率は4番ゲートまで、複勝率はばらつきがありますが、強いて言えば9番ゲートまでかと思います。コースデータとレースデータで共通して言えるのは、一桁馬番が有利ということです。ただ外枠だからと言って絶対不利という程のレベルではないでしょう。

では本命馬予想に入りたいと思います。まず現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台ですが

1 グレイル 1.7

2 ステイフーリッシュ 5.1

3 ゴーフォザサミット 5.4

4 サトノソルタス 6.8

ここまでが一桁台となってます。

グレイル

断然の1番人気だが、ホープフルステークスの覇者タイムフライヤーを物差しに考えると、当然の人気でしょう。馬券内を考えると確定レベルと言っても過言ではないように思える。

ステイフーリッシュ

前走はキャリア1戦の低人気ながらG1で3着。あのジャンダルムとタイム差無しの3着は高評価である。G1という舞台で結果を残した点ではグレイルより評価できる。ただ問題は騎手。中谷騎手に一抹の不安はある。

ゴーフォザサミット

現在2連勝中で前走の2着馬はホープフルステークス5着馬。それなりの強さはあると思うが上記2頭と比べるとやや見劣りする。

サトノソルタス

ディープインパクト×ライアンムーアで血統と騎手で過剰人気しそうだが、グレイルを負かす可能性がある馬を選ぶならこういう馬か?

以上が上位4頭の評価です。

未知なる魅力のサトノソルタス、G1の舞台である程度の結果を出したステイフーリッシュ、そのG1馬を破ったグレイル。この3頭で迷うところだが、現在の本命馬候補は

この馬☟

妙味は薄いが無理して逆らう理由もない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です