京阪杯2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京阪杯2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

京阪杯に関しては時間の都合上、今週は枠順傾向等の記事が書けませんでした。

書かなかった内容込みで最終結論を導き出しました。

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 エスティタート
1枠2番 フミノムーン
2枠3番 ダノンスマッシュ
2枠4番 アレスバローズ
3枠5番 コウエイタケル
3枠6番 ナインテイルズ
4枠7番 グレイトチャーター
4枠8番 ダイアナヘイロー
5枠9番 アサクサゲンキ
5枠10番 カルヴァリオ
6枠11番 ダイメイフジ
6枠12番 オールポッシブル
7枠13番 ベステンダンク
7枠14番 キングハート
7枠15番 ビップライブリー
8枠16番 ワンスインナムーン
8枠17番 アンヴァル
8枠18番 ナガラフラワー

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

大荒れで有名なこのレース。

単勝一番人気も現在500円超えで、まともに考えても当たる気がしません。

基本的には内枠先行が有利なレース。

人気所では2枠3番ダノンスマッシュが内枠先行馬で絶好枠と言えるでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びますと言いたいところですが、はっきり言ってこのレースは人気などあってないようなレース。

今回は上位人気以内以外からも対抗馬を選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬5頭の5点勝負です。

なるべく同額払い戻しになるように資金配分しています。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠4番 アレスバローズ(600円)
3枠5番 コウエイタケル(300円)
7枠13番 ベステンダンク(300円)
7枠14番 キングハート(200円)
8枠16番 ワンスインナムーン(600円)

 

(抑え馬)

今回は無し

 

今回対抗馬が5頭もいるのは、決めた本命馬からでも回収率が十分あるからです。

まず決めた本命馬は前走スワンステークスorG1レース以外の馬

 

ここでのポイントは過去10年で前走スワンステークスorG1レースの馬が絡んだ年は9回

本命馬が前走スワンステークスorG1レース以外の馬であるならば、残り2席の内1席以上は前走スワンステークスorG1レースの馬が来るという考えです。

それが上記で挙げた5頭です。

このレースに限ってはまともに考えても当たらないと思うので、こういう考え方で狙っていきます。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

ズバリ爆穴です。

この馬は枠順傾向がかなりはっきりしている。

当コースで過去7戦していますが、5番ゲート以降に入った時の成績は4戦中1回馬券内。

逆に4番ゲート以内に入った時の成績は3戦中2回馬券内。

しかもその時の人気は6番人気と15番人気。

明らかに当コースの内枠を得意にしています。

今回まさに絶好枠に入り、人気もかなり低い。

このレースだからこその爆穴本命馬です。