京阪杯2017 本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は京阪杯の本命馬予想と枠順傾向です。

まず京阪杯の枠順傾向を調べました。過去10年のデータです。

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1枠
2- 1- 1-14/18
11.1%
16.7%
22.2%
2枠
3- 1- 0-16/20
15.0%
20.0%
20.0%
3枠
2- 1- 3-14/20
10.0%
15.0%
30.0%
4枠
1- 2- 2-15/20
5.0%
15.0%
25.0%
5枠
1- 0- 3-16/20
5.0%
5.0%
20.0%
6枠
0- 2- 1-17/20
0.0%
10.0%
15.0%
7枠
1- 0- 1-25/27
3.7%
3.7%
7.4%
8枠
0- 3- 0-25/28
0.0%
10.7%
10.7%

6枠以降の複勝率が悪いのが分かります。次に過去10年のコースデータです。京阪杯のデータが15頭立て以上なので、こちらも15頭立て以上で調べました。

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1枠
26- 34- 26-282/368
7.1%
16.3%
23.4%
2枠
37- 24- 32-312/405
9.1%
15.1%
23.0%
3枠
23- 27- 36-320/406
5.7%
12.3%
21.2%
4枠
25- 31- 23-327/406
6.2%
13.8%
19.5%
5枠
22- 18- 21-344/405
5.4%
9.9%
15.1%
6枠
23- 19- 24-339/405
5.7%
10.4%
16.3%
7枠
21- 32- 19-398/470
4.5%
11.3%
15.3%
8枠
26- 18- 24-413/481
5.4%
9.1%
14.1%

こちらは5枠以降から複勝率が落ちています。レースデータとコースデータで共通して言えるのは、1~4枠が有利ということです。5枠以降に入った馬は少し割り引いて考えてもよいかもしれません。

それでは本命馬予想に入ります。現在のnetkeibaさんの単勝一桁台の予想オッズです。

1 ソルヴェイグ 2.3

2 アットザシーサイド 5.3

3 セイウンコウセイ 6.3

4 メラグラーナ 8.2

5 ジューヌエコール 8.5

ここまでが単勝一桁台です。この中から本命馬を選びたいと思います。

ソルヴェイグ

スプリンターズステークスは除外になってしまい、前走はOPで勝利。実績だけで言えばセイウンコウセイの次。そのセイウンコウセイも近走不振気味なので、そう考えるとこの馬が1番人気は妥当でしょう。あとトップクラスのジョッキー達はJCの関係上、東京にいるのでこの中で今回騎乗の川田騎手なら信頼度は高い。

アットザシーサイド

長いスランプから抜け出した感はある。距離も1200mにシフトして連勝。もしかしたら3歳春頃の実力に戻ったようにも感じるが、前走は1600クラスで辛勝。1200mが合っているのではなく、低いクラスだから通用しただけという見方もできる。本命馬としては怪しい。

セイウンコウセイ

G1勝利後、スランプ期に入ったのか?想定騎手が幸⇒松田騎手へ。幸騎手はナリタスターワンに乗る。幸騎手が降りたとは考えられないので、陣営が連勝していた頃の松田騎手の戻したのでは?試行錯誤しているように思える。実力は疑わないが、近走の成績を考えると本命馬としては厳しい。

メラグラーナ

この馬が前走のスプリンターズステークスで何故2番人気だったのか理解できないが、多分中山専用機という理由からだろう。他の競馬場でも勝ってはいるが、確かに中山は強い。昨年もこのレースで1番人気で惨敗している。この点からも本命馬としては厳しい。

ジューヌエコール

前走は陣営も言っていたが、余力残しでの参戦で惨敗。または重馬場が響いての惨敗かもしれない。前々走は軽量とはいえ、ぶっちぎのレコード勝利。今回叩き2戦目で変わり身に期待できる。距離も1200mに戻れば、ソルヴェイグと甲乙付け難い。

以上が上位5頭の評価。この中から本命馬を選ぶとすればソルヴェイグかジューヌエコール。そして現在の本命馬候補は

この馬👇現在ランキング90位前後

中央競馬ランキング

このレースは逃げ馬の成績がとても良い。前走のように逃げて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です