京都2歳ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都2歳ステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2000m戦です。

現時点で登録馬は11頭ですが、ヤマカツシシマルは回避予定。

今年は10頭立て以下の競馬になりそうです。

想定オッズでは久しぶりに重賞で日本人騎手(武豊)が1番人気になりそうです。

日本人騎手の意地を見せるか?

少頭数ですが、そういう意味では注目の1戦です。

 


まず枠順傾向です。

このレースは毎年少頭数です。

G3に格上げされてからの過去4年の傾向を調べたいと思います。

頭数制限無しです。

 

 

これは意外です。

少頭数なら枠順など気にする必要もないと思いましたが、完全に内枠有利です。

ゲートで言うと1~6番ゲートまでです。

 

今度はコースデータを調べてみます。

2008年以降で芝状態が本レースと近い開幕7~8日目、頭数制限無しの2歳戦限定のデータです。

京都2歳ステークスのデータは外してあります。

 

 

これを見ると確かに外枠不利です。

ただ14番ゲート以降と考えて良いでしょう。

しかし今回は10頭立て以下が濃厚。

そう考えるとコースデータ的には有利不利は無いと考えられます。

 

これは判断に迷います。

レースデータ的には絶対内枠有利でコースデータ的には有利不利無し。

悩みましたが、今回の結論はレースデータを重視して

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去4年のデータです。

 

 

2歳戦の脚質はあまり当てにしない方が良いと思います。

脚質がまだ固まり切ってないから。

ただこれを見ると逃げ先行馬に有利だというのが分かります。

でも現時点では判断が難しいです。

参考程度で覚えててください。

 


最後に血統傾向です。

過去4年の活躍馬の傾向は父ハーツクライorノーザンダンサー系又は母父にノーザンダンサー系orロベルト系です。

京都というとスピード系というイメージがありますが、傾向的にはスタミナ色が強いようです。

今回の該当馬は

 

クラージュゲリエ
セイカヤマノ
ブレイキングドーン
ペルソナデザイン
ミッキーブラック
ラヴズオンリーユー

 

以上6頭です。

出走頭数の過半数を超えてしまいましたが、ここに想定オッズ1番人気のワールドプレミアが入ってないのが気になります。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

少頭数にもかかわらず、現時点の想定人気は下から数えた方が早い。

ただ血統的には父ハーツクライ、母は海外G1馬。

兄弟には重賞勝ち馬ベストディールがいる。

今回は鞍上も前走と比べ強化されている。

穴狙いとしては条件は揃っている。