京都金杯2109予想 枠順・脚質・血統傾向

あけましておめでとうございます、ワイド師です。

今年も宜しくお願い致します。

新年初予想は京都金杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1600m戦です。

今回は登録馬が19頭で、中山金杯と比べると比較的にこちらの方が荒れる傾向があります。

良いスタートダッシュを決められるように頑張ります。

 


まず枠順傾向です。

開幕週ということでデータを見るまでもないですが、一応いつも通りレースデータから調べます。

今回は2009年以降の過去10年の中で16頭立て以上のレースデータを検索しました。

以下がその傾向です。

 

 

分かり過ぎるくらい内枠有利です。

1~8番ゲート内で決め打ちしても良いレベルでしょう。

はっきり言ってここまで偏っているのでコースデータは必要ないと判断します。

コースデータでどんな傾向があろうともレースデータを重視します。

 

今回の結論は

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は2009年以降の過去10年のデータです。

 

 

開幕週なので当然ですが逃げ・先行有利です。

特に逃げ馬は注意が必要でしょう。

完全に差し・追い込み馬を消せる程ではないですが、軸馬を決めるなら逃げ・先行から入るのがベターだと思います。

現在のnetkeibaさんの単勝想定オッズ一桁台はパクスアメリカーナサラキアカツジ
グァンチャーレロードクエストですが、この中で逃げ・先行タイプは

 

グァンチャーレ

 

この馬だけです。

そして逃げ馬は上位人気には入っていませんが

 

マイスタイル

 

多分この馬でしょう。

両馬とも人気もソコソコなので、脚質的には狙ってみたい2頭です。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の傾向から調べました。

過去5年の活躍馬の傾向は父キングカメハメハ・マンハッタンカフェ・ディープインパクト又は母父にナスルーラ系です。

今回の登録馬ではキンカメ産駒とマンハッタンカフェ産駒はいませんでした。

 

今回の該当馬は

 

カツジ
サラキア
トゥラヴェスーラ
バリス
ミエノサクシード
リライアブルエース

 

以上6頭です。

京都競馬場と言えばディープ産駒の庭。

カツジサラキアリライアブルエースの3頭は血統傾向的には注目です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

枠順次第というところが大きいですが、それ抜きで考えるならこの馬を狙ってみたい。

デビュー3戦目以降は全て左回り競馬だが、右回りでも良績を残している。

前走重賞で人気を背負っての敗戦で今回は妙味増。

騎手と脚質にやや不安はあるが、それ以上にやはりこの血統には注目したいです。