京都金杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都金杯2019の枠順確定後の最終結論です。

不動軸と思えたパクスアメリカーナが外枠に入りました。

これで少しは波乱の可能性があるかもしれません。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事でも書きましたが基本的に1~4枠有利。

しかしパクスアメカーナがなんと外枠。

能力の違いで帳消しにしてしまう可能性も十分ありますが、ここはやはり狙っていきます。

脚質的には先行馬のグァンチャーレが断然有力ですが、今回狙った本命馬が大穴なので内枠の人気馬へ流します。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬3頭の3点勝負です。

資金配分は同額払い戻しに近くなるように設定しました。

そして対抗馬はこの3頭です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

1枠2番 サラキア(800円)

2枠3番 カツジ(300円)

2枠4番 グァンチャーレ(900円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

本来ならグァンチャーレのみで勝負したかったですが、そこは確実に取りこぼしが無いように堅実に流します。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

過去記事で書いた血統傾向・穴馬データ推奨馬・枠順傾向の3項目で全てに当て嵌まった。

ただ今回の条件で本命にするのは少々勇気が必要だが、荒れる京都金杯。

思い切ってこの馬から勝負です。