京都金杯2018 予想最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回は京都金杯の予想最終結論です。

まず枠順配置ですが、本命候補のクルーガーが大外13番、穴馬候補のウインガニオンが12番。なんてこった‥

最悪の枠順です。特にウインガニオンは不安要素が大きかったので、内枠ならと思ってましたが、この配置では‥

しかし、本命馬は変わらず

◎クルーガー

この馬で決まりです。枠順は良くないが、幸いにも13頭立ての差し・追い込みタイプ。マイナス材料には変わりはないが、能力的に評価しての本命です。

問題は穴馬ですが、ウインガニオンは消します。そして穴馬候補で挙げたもう1頭のスズカデヴィアスですが現在最下位人気。流石に狙い過ぎかもしれない。

そこで新たな穴馬を狙います。それは

この馬☟

中央競馬ランキング

種牡馬的には得意コース。2歳時はマイル重賞で大穴を開けたこともある。格下での戦績だが現在7戦連続上がり2位以内の末脚に期待する。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください