京都記念2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都記念2019過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G1出走(例外年無し)

 

以上になります。

ただ今年はメンバーがB級レベルなのでこのデータが通用するかは正直あまり自信はありません。

 

今回の該当馬は

 

パフォーマプロミス
マカヒキ

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

ただどちらも信頼性は低いですね。

旬の過ぎたディープインパクト産駒のマカヒキ。

そのマカヒキに前走先着を許しているG3程度の実力がバレているG2馬パフォーマプロミス。

うーん、買いたくない。

ただ買うならマカヒキかな。

凱旋門賞後、この馬が馬券圏内に来たレースは洋芝の札幌記念と昨年の重馬場の京都記念。

共通するのは力の要る馬場ということ。

もう以前のカミソリの切れ味は無いが鉈の切れ味という表現が合っている気がする。

今の力の要る京都はこの馬に向いていると思う。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走重賞組(例外年3回)

② 当日人気5~9番人気(例外年3回)

 

以上になります。

例外3回は上位人気で独占した2010年2015年2018年の3回です。

②は当日までわかりませんが、ダンビュライトとノーブルマーズが4or5番人気争いと予想していてここは微妙です。

 

ダンビュライトとノーブルマーズも含めて今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

ケントオー
タイムフライヤー
ダンビュライト
ノーブルマーズ
ブラックバゴ

 

この5頭です。

今回はこの5頭をデータ推奨馬とします。

今回はちょっと絞り切れませんでした(-_-;)

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

京都記念2019 予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

今回の最大のポイントは少数逃げ・先行馬と読んでいます。

ただ狙っている馬の陣営は「自分のリズムで運べれば終いは確実」とコメントしている。

終いは確実って前に行かないってこと?

それでも今回のメンバー構成を考えたらこの馬は少なくとも先行集団には取り付けるはず。

脚質傾向でも書きましたが基本前に行く馬が有利と判断してこの馬を推奨します。