京都記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2200m戦です。

現時点の登録馬は12頭で例年通り少頭数は確実。

はっきり言って荒れないレース。

下位人気馬の台頭は期待できない可能性が高いですので、回収率は期待できないかも。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

多頭数の外枠14・15番の複勝率が落ちますが、今回の登録頭数を考えると有利不利は無いと言って良いでしょう。

ただ厳密に言えば6番ゲート以降が有利と言えるかもしれませんが…

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると穴馬は内からも外からも出現しています。

このデータでは有利不利は無いと言って良いでしょう。

全体的に見ると外枠がやや有利かとも思いますが、内枠も複勝率20%台をキープしているし、穴馬も内枠から出てる。

迷いましたが今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝率・複勝率を見ると基本的には逃げ・先行有利と言えるでしょう。

逆に追い込み馬には厳しいレースです。

今回の登録馬を見ると近走逃げ・先行をした馬が非常に少ない。

ですがこのメンバー構成なら間違いなく先行、もしくは逃げる可能性のある馬は

 

ノーブルマーズ

 

この馬だと思います。

内枠に入ったらかなり期待できるのではないでしょうか。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトorミスプロ系です。

母父にノーザンダンサー系の馬もよく来ていますが、これは父が殆どディープインパクトとなっているので対象にしませんでした。

母父ロベルト系は昨年2頭も絡みましたが、昨年だけなんですよね。

あと、重の鬼サトノクラウンは対象にしてません。

重馬場しか走らないあの馬は例外です。

今回の該当馬は

 

ダンビュライト
ハートレー
マカヒキ

 

以上3頭です。

血統的にはディープインパクト産駒は2013年から6年連続馬券圏内で注目なんですが、マカヒキとハートレーというのは正直微妙です(-_-;)

旬の過ぎたディープインパクト産駒は消し!という自分の格言に嵌り過ぎているので‥‥

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

鞍上が今回はレベルダウンしているが、この馬の3勝中2勝はこの騎手で決して相性は悪くない。

近走先行できない場面が増えているが基本的には先行馬で、多分今回のメンバーなら2~3番手辺りで競馬できるはず。

展開利と血統と実績のある距離適性でこの馬を推します。