京都記念2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は京都記念の本命馬予想です。

まず京都記念の過去10年の枠順傾向です。

勝率・複勝率共に完全に4枠以降が有利です。しかし今回の登録馬は10頭です。そうなるとこのデータは鵜呑みにできません。

そこで今回登録馬10頭に近い前後の頭数9~11頭立てで調べてみました。

サンプル数は少ないですが、 内外の有利不利は判断できませんでした。なのでコースデータで調べてみました。同じく2008年以降の9~11頭立て限定です。

これを見ると偏った傾向は見られません。多頭数になると傾向が変わるかもしれませんが、10頭前後では枠順の有利不利は無しと判断して良いでしょう。

それでは本命馬予想に入ります。まず現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台ですが

1 レイデオロ 1.9

2 モズカッチャン 3.3

3 アルアイン 5.0

以上の3頭になります。この中から本命馬を選びたいと思います。

レイデオロ

普通に考えたらこの馬が一番信頼できるでしょう。ダービー馬でジャパンカップ2着。海外遠征を控えた馬でこのメンバーでは負けられないところでしょう。しかし、欠点を挙げるとしたら誰でも思うルメール騎乗停止によるバルジューへの乗り替わり。ここをどう判断するか?

あと近年このレースの1番人気馬は絶対的存在ではない。昨年のマカヒキやハープスターやジェンティルドンナも人気を背負って負けた。ただマカヒキは海外遠征後の1戦、ハープスターやジェンティルドンナは牝馬。それと比べてレイデオロは国内に専念した充実の4歳牡馬。考え過ぎかもしれないが、過去傾向からするとやや不安はある。

モズカッチャン

昨年ハービンジャー旋風を巻き起こした代表格。そして鞍上デムーロ。これだけで買い要素は十分である。ただこの馬が馬券内を外したレースは新馬戦と休み明けのローズステークス

あと古馬の牡馬とは初対決。これはやや不安材料である。ひと叩きした方がベストなのは間違いない。距離・コース適正は同コースのエリザベス女王杯で実証済みなので問題は無いが、やはり休み明けが懸念材料。

アルアイン

前走の菊花賞は極悪馬場で度外視で良いと思う。しかし距離適性を考えると1600~2000mがベストではないか?毎日杯では後の菊花賞馬のキセキに完勝。そして皐月賞馬。その後は距離延長でイマイチな結果である。モズカッチャンとの比較ではわからないが、レイデオロとの比較ではやや見劣る気がする。

以上が3頭の評価である。アルアインは評価的にやや低い。そうなると2択である。レイデオロかモズカッチャンのどちらかである。そして現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

オッズ次第のところはあるが、馬券妙味はこの馬にありそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です