京都新聞杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都新聞杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

枠順傾向の記事で1~11番ゲート有利と判断しています。

 

 

上位4番人気以内馬の配置を見ると、揃って外枠配置にはならなかった。

枠順傾向から考えても内枠有利なので、上位人気馬では枠順での優劣はつけ難いです。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

現在試験的にワイド・馬連・複勝の併用馬券で勝負しています。

穴本命が来た時には必ず利益になる複勝、爆発力の馬連、そしてその中間のワイド3券種併用馬券です。

 

3券種の資金配分は同額です。

掛け金は目安として1800円設定です。

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から3頭選びます。

 

そして今回4番人気以内で消馬オールイズウェルです。

消した根拠は重賞実績です。

ロジャーバローズも実績は無いですが、仮にもスプリングステークスで2番人気になった馬。

当初オールイズウェルは穴本命馬候補でしたが、ここまで人気になると妙味薄です。

 

それでは今回の買い目ですが

 

(ワイド・馬連) 基本的に同額資金配分

穴本命馬ー〇3枠3番 ロジャーバローズ (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー〇3枠4番 ブレイキングドーン (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー〇5枠7番 タガノディアマンテ (ワイド・馬連各200円)

(複勝)

穴本命馬 ????? (600円)

 

計1800円です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

当初穴馬候補の1頭はオールイズウェルだったが売れすぎ。

逆に想定オッズより評価が下がっているこの馬に食指が動きました。

前走未勝利というのが過去傾向から考えても最大の悩みどころではありますが、鞍上の手腕に賭けてみたいと思います。

父が京都巧者だったこともあるので可能性は秘めていると思います。