京都新聞杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都新聞杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2200m戦で、昨年は1~3番人気までが飛んで波乱となりました。

今年も上位人気馬が怪しそうなので、大荒れがあるかもしれません。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

昨年こそ外枠から2頭も好走馬が出現したが、これを見ると基本的には外枠は不利と判断できます。

区切るなら11番ゲート以内までが有利なようです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらのデータも同じですね。

やはり外枠が不利なように見えます。

同じくゲートで区切るなら11番ゲート以内でしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~11番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると先行と差し馬が互角です。

逃げや追い込みと言った極端な脚質は割引でしょう。

今回の上位人気馬ではタガノディアマンテが追い込み馬の部類に入るか?

あまり後方から構えていると危ういかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディープインパクトorステイゴールド又は母父にノーザンダンサー系です。

今回の該当馬は

 

サトノソロモン
トーセンスカイ
フランクリン
ブレイキングドーン
モズベッロ
ヤマカツシシマル
ロジャーバローズ

 

以上7頭です。

ただ近2年の馬券内馬の父を見ると切れるディープインパクト産駒とは逆のスタミナタイプの種牡馬が活躍しています。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

正直、大混戦で判断材料が見つけにくい。

敢えて注目するならやはりこの血統です。

この馬は3億近くで競り落とされた高額馬で人気先行型だが、前走の惨敗で多少は人気落ちするはず。

トーセンスカイが人気になるなら、新馬戦でこの馬を負かしている当馬も可能性は十分あるはず。