京都新聞杯2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は京都新聞杯の枠順・脚質・血統傾向です。

 

まず枠順傾向です。今回は登録馬が20頭いるので、多頭数でのレースが予想されます。そこで京都新聞杯の過去10年の中で16頭立て以上の傾向を調べました。

7枠以降が壊滅的な数字です。 レース的には7枠以降は不利と考えて良いでしょう。

今度はコースデータを調べてみます。2008年以降の開幕5日目以降16頭立て以上が対象です。

このデータを見ると、2枠~4枠の複勝率がやや良いがほぼフラットと判断できます。

結果、レースデータとコースデータに食い違いが生じてしまいました。正直理由は分かりません。ただ、同コースのエリザベス女王杯は8枠が有利だったりするので、今回はレース特性と考えてレースデータを優先しようと思います。

結論は京都新聞杯は

 

7枠8枠不利

 

と判断します。ただし今回は馬番で11番までです。

 

次に脚質傾向です。

以下が過去10年の傾向です。

逃げ・先行馬がやや有利かなという印象。ただ差し馬もそれほど悪い訳では無いので、脚質での優劣は難しいと思う。

 

最後に血統傾向です。

近年の傾向として特徴なのは父or母父にサドラーズウェルズ系以外ノーザンダンサー系の馬が活躍しています。

アドマイヤアルバ(ストームバード系)
アルムフォルツァ(ダンチヒ系)
ケイティクレバー(ダンチヒ系)
サトノシリウス(ヴァイスリージェント系)
シャルドネゴールド(ストームバード系)
ダブルシャープ(ダンチヒ系)
レイエスプランドル(ダンチヒ系)

以上7頭になります。シャルドネゴールド以外は5番人気以下になりそうなのでこの中から穴馬を狙ってみたいと考えています。

 

以上になります。枠順や人気にもよりますが、想定騎手の手腕込みで現時点の注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です