京王杯スプリングカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京王杯スプリングカップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1400m戦で、ヴィクトリアマイルに劣らず波乱度の高いレースです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると16番ゲート以降が不利かとも思えますが、人気馬が過去にこの枠順に入ったことがないので何とも言えません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、やはり内からも外からも満遍なく好走馬が出ています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると差し・追い込みが優勢ですね。

競馬の基本は先行ですが、このレースは差し・追い込み馬を重視したい。

 

上位人気馬では上り馬トゥザクラウンは先行・もしくは逃げというタイプ。

実力も未知数な上に脚質傾向も不安となると、軸としては向いてませんね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ヘイルトゥリーズン系×母父ノーザンダンサー系です。

このレースもヴィクトリアマイルの血統傾向と殆ど同じでサンデーサイレンス系種牡馬(大系統ヘイルトゥリーズン系)が活躍しています。

その中でも特筆なのが父ヘイルトゥリーズン系×母父ノーザンダンサー系で、この配合パターンを持った馬は過去5年で複勝率40%という数字になっています。

 

今回の該当馬は

 

サトノアレス
スマートオーディン
ブロワ
リナーテ

リライアブルエース
ロードクエスト

 

以上6頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

昨年不調だったこの馬に久しぶりの重賞勝利をもたらした鞍上が戻ってきた。

その時はそれまでの低迷が嘘かのような豪脚を披露した。

今回はコースも脚質傾向も鞍上もこの馬にとっては全てプラス。

騎手人気で妙味がどの程度落ちるかはわからないがそれでも狙ってみたい。