京成杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京成杯2019の枠順確定後の最終結論です。

今週の重賞は堅いレースばかり。

この流れだとこのレースも比較的堅めの決着かも?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

1番人気は出世レースの葉牡丹賞を勝ったシークレットラン

前走もマクリ気味に押し上げての勝利。

枠順的にも今回も同じ競馬が出来そうで問題なし。

同じく葉牡丹賞2着のランフォザローゼスは上位人気馬の中では最内枠。

前走は先行して直線では窮屈な競馬になってしまったが、それが無ければシークレットランとの差はどうだっただろう?

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

5枠5番 ランフォザローゼス(1700円)

 

(抑え馬)

7枠9番 シークレットラン(300円)

 

ランフォザローゼスを対抗馬とした根拠は血統と枠順です。

過去記事でも書きましたがキンカメ産駒は好相性で、枠順も1~5番ゲートが有利と判断しています。

内枠先行馬というのも買い材料です。

抑えのシークレットランは前走ランフォザローゼスに勝っている以上抑えは必要でしょう。

ただ気になるのはルメ・デムの両騎手。

この2人を蹴っても良いものかどうか‥‥

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

やはり5番ゲート内の馬を狙います。

過去記事で書いた血統傾向・枠順傾向・穴馬推奨馬全てで合致したのはこの馬だけ。

鞍上にやや不安はありますが、前走の勝ちっぷりも素晴らしかったのでこの馬で勝負します。