京成杯2018 本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は京成杯の本命馬予想です。

まず京成杯の枠順傾向から調べます。先週の中山金杯の記事で中山芝2000の開幕週は内枠有利と書きました。では京成杯ではどうなのか?

複勝率で見るとほぼフラット。若干外枠が良いか?勝率は完全に5枠以降が良い。これは何度も書きましたが、キャリアの浅い馬同士の戦いでは揉まれる内枠より伸び伸び走れる外枠がよいからです。ただコース的には基本的に内枠有利。それが相殺されて枠順傾向的にはフラットになっているように思えます。

結論は勝率を考えると外枠だが、複勝率で考えると外枠で決め打ちできるレベルではないので、京成杯の枠順傾向はフラットと考えます。

では現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台ですが

1 ジェネラーレウーノ 2.4

2 コズミックフォース 3.0

3 デルタバローズ 5.5

4 ダブルシャープ 7.1

以上の4頭になります。

ジェネラーレウーノ

初戦は後方からの競馬で敗れたが、2戦目以降は逃げて連勝。前走の2着馬はその後500万クラスを勝利。レベル的には低くはない。スクリーンヒーローという地味な血統が若干気になるが、鞍上の田邊騎手は中山が大得意。

コズミックフォース

鞍上はいま絶好調の戸崎。父もキンカメでコース相性は良い。ただ騎手先行で売れすぎる感じがする。馬自身も力関係がまだはっきりしないので、そこの判断が難しい。

デルタバローズ

前走は新馬をぶっちぎり勝利。2着馬以下がその後あまり活躍していないのが気になるが、未知なる魅力はある。

ダブルシャープ

札幌2歳S以後の2戦は掲示板外。前走はG1なので仕方ないが、正直、騎手が微妙です。田中勝春騎手で勝つイメージが沸かない。ある程度馬自身の実力も見えてきたので、穴なら買いたいといったところです。

以上が4頭の評価です。そして現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

前走同コース経験済みなので、そこも強調材料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください