京成杯オータムハンデ2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京成杯オータムハンデ2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦です。

毎年荒れる重賞です。

今年も波乱はあるでしょうか?

 


まず枠順傾向です。

中山開催になって思い出したのですが、中山競馬場は2014年に改修工事をしています。

すっかり忘れてました(;^_^A

多分過去の記事でもこのことは考慮せず予想していたと思います。

今回からは考慮して記事を書きます。

 

まずレースデータですが改修工事後の過去3年です。

頭数は全てフルゲートでした。

今回は馬番表記です。

 

 

3年分しかデータが無いので微妙ですが、極端に内枠や外枠はマイナスでしょう。

3~13番ゲートが良いです。

 

今度はコースデータです。

2014年改修工事以降でレースデータと同じく16頭立て限定の開幕週データです。

京成杯オータムハンデのデータは重複していません。

 

 

これを見ると複勝率が20%台を超えてくるのが3番ゲート以降で、逆に下回るのが15番ゲート以降です。

フルゲートで言えば1枠と8枠が不利と言えるでしょう。

 

今回の登録馬は15頭立てということで、以上のレースデータとコースデータを踏まえた結論は

 

1・2・15番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2014年改修工事以降のデータです。

 

 

競馬のセオリーを無視するような傾向です。

開幕週で小回りでありながら、完全に差し・追い込み有利

上位人気馬の中で差し・追い込み馬は

 

ヒーズインラブ
ワントゥワン

 

この2頭は展開的には有利。

逆に先行タイプの

 

ミッキーグローリー
ロジクライ

 

この2頭は展開的に不利と言えるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

こちらも改修工事以降の近3年の活躍馬を調べました。

傾向は父or母父にロベルト系又はディープインパクト産駒です。

 

今回の登録馬では

 

ゴールドサーベラス
トーセンデューク
ミッキーグローリー
ミュゼエイリアン
ワントゥワン

 

以上5頭です。

さすがにトーセンデュークは近走成績的にいらないかなと思うので、4頭と考えても良いでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父にロベルト系で脚質的にも差し・追い込みタイプ。

近2走は共に15番人気で共に7着で人気以上に走っている。

そろそろ重賞クラスに慣れてくるころ。

人気は無いが荒れるハンデ戦だからこそ狙える。