中日新聞杯2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中日新聞杯2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年で小倉開催を除いたデータです。

結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬(例外無し)

② 前走1800m以上(例外無し)

③ ハンデ54キロ以上(例外1頭)

④ 前走G3以下は一桁着順(例外無し)

 

以上になります。

今回の想定オッズ5番人気以下で該当するのは

 

アメリカズカップ
エンジニア
ドレッドノータス

 

この3頭です。

今回はこの3頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ギベオン 3.0
2 メートルダール 4.2
3 グレイル 4.2
4 マイスタイル 6.1
5 ドレッドノータス 7.3
6 ストロングタイタン 14.3
7 ハクサンルドルフ 21.9
8 エンジニア 23.4
9 アメリカズカップ 39.2
10 レイホーロマンス 43.2
11 エテルナミノル 63.3
12 ショウナンバッハ 98.5

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

中日新聞杯2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

穴人気と言う程でもないですが、近8走で馬券圏外は1度だけ

勝ちきれないレースが続いたが、近2走は連勝。

母ディアデラノビアの血がそろそろ開花するころでしょうか?

当距離は出走馬最多の5勝で複勝率は70%を超えている。

今の勢いなら馬券圏内射程距離です。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

ギベオン

前走のセントライト記念はまさかの大惨敗。

格で言えばNHKマイルカップ2着は断然。

ただ前走の敗戦でマイラー疑惑が出てきた。

確かに2000mも勝っているが、それは3歳春頃の格下相手。

今回ハンデ戦の想定1番人気。

しかも一度プッツンしたディープ産駒というのも危険材料

でも他に堅軸な馬がいるかと言われればそうでもない。

拾捨に悩む1頭です。

 

メートルダール

昨年は見事勝利したが、基本的には追い込み一手では厳しいレース。

ただ前走の新潟記念では2着に入るなど、G3レベルならここでも勝負になるとも考えられます。

しかし去年はCデムーロが騎乗したが今回はギベオンに騎乗。

そういう意味でもこの馬に全てを託すと言う程にまでは至りません。

 

グレイル

この馬もメートルダールと同じく追い込み一手。

しかも鞍上津村騎手というのも過去の鞍上を振り返って比べると数段落ちる。

この鞍上でここまで人気になるなら、上記2頭より評価を下げたい。

 

マイスタイル

良績が小回りに集中しているのが気になる。

前走のように控えても競馬が出来るようになったのは収穫だが、やはりコース適正に疑問が残ります。

 


以上で記事は終わりです。

はっきり言ってどの馬も信頼できないです(;^_^A

ですがこういう時こそ騎手の力量がものを言うと思います。

ギベオンのCデムーロ騎手とメートルダールの福永騎手。

有力騎手が香港遠征に行っているのであれば、この2騎手に託してみたいと思います。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング