中日新聞杯2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中日新聞杯2018の枠順確定後の最終結論です。

どの馬が良い枠、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まずは確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 エンジニア
2枠2番 アメリカズカップ
3枠3番 グレイル
3枠4番 エテルナミノル
4枠5番 マサハヤドリーム
4枠6番 ハクサンルドルフ
5枠7番 ギベオン
5枠8番 ドレッドノータス
6枠9番 レイホーロマンス
6枠10番 ショウナンバッハ
7枠11番 メートルダール
7枠12番 ストロングタイタン
8枠13番 スズカディープ
8枠14番 マイスタイル

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

まず8枠14番マイスタイルの大外枠というのは歓迎できないですね。

サイモンラムセスが回避したので、楽に先手は取れそうですがそれなら尚更距離ロスが少ない内枠がベストだったでしょう。

7枠11番メートルダールは昨年と同じ外枠なのでベストな枠順でしょう。

5枠7番ギベオン5枠8番ドレッドノータスは先行もしくは差しタイプ。

中枠であれば可もなく不可もなく無難な配置と言えるでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

5枠7番ギベオン(1500円)

 

(抑え馬)

5枠8番 ドレッドノータス(500円)

 

ギベオンはマイラー疑惑が強いのですが、ここは騎手力を重視します。

香港遠征で有力騎手が少ない時だからこそ、Cデムーロ騎手の手腕を信じます。

抑え馬は当初もう一人の有力騎手である福永騎手のメートールダールを考えていましたが、脚質的にこのレースには合わない。

昨年は来たが、再び嵌るかは微妙なところ。

騎手に不安はあるがオッズ妙味も考えて、抑えは近走覚醒期?に入ったかもしれないドレッドノータスに決めました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬) 

良い枠順に入ったと思う。

決め手が活きるコースだが、この枠に入った以上この馬の粘り腰は軽視できない。

前走はG2でも掲示板を確保。

確実に左周りを得意としていて、メンバーも前回より落ちるのを考慮すると穴要素十分である。