中山金杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中山金杯2019の枠順確定後の最終結論です。

現時点では13番人気でさえ単勝30倍台という大混戦となっています。

中山金杯は比較的荒れないレースですが、今回は一波乱ありそうです。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事でも書いた通り7枠以降は不利な傾向があり、内に入れば入るほど有利です。

そして現時点では上位人気馬と下位人気馬の区切りが難しいというのが正直な感想。

そうなると重視したいのは枠順と脚質です。

ベタですが内枠先行馬という考えが最良の選択だと考えています。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びますが、現状オッズでは区切りが難しいので多少手を広げます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

資金配分は同額払い戻しに近くなるように設定しました。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

3枠6番 エアアンセム(800円)

4枠8番マウントゴールド(1200円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

対抗馬2頭は内枠先行馬で近走成績も優秀。

頭は無いかもしれないが、馬券圏内という意味ではベストな2頭だと思っている。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

枠順傾向と血統傾向と穴馬データ推奨馬の記事で3項目すべてに合致した。

他にも合致した馬はいたが、常識的に狙えるのはこの馬だけ。

そして最大の期待要素は騎手。

まだ若いがその戦歴を見ると既に一流です。

困った時の外〇騎手です。