中山金杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中山金杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦です。

今回の登録馬は17頭で、現時点ではフルゲートの可能性が高いです。

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降からレースデータを調べました。

京都金杯と同じく開幕週ですが、こちらの場合はAコースからCコースへと仮柵が移動したという点だけが違う。

それが原因かもしれませんが、中山金杯は完全内枠有利とまではなりません。

以下がその傾向です。

 

 

これを見ると中枠ぐらいまでが有利と言えそう。

馬番で見ると11番ゲートまで。

ただ改修工事前は12番ゲートまでが有利な傾向があった。

とにかく言えることは外枠が不利だということです。

京都金杯と同じくこのレースもコースデータは採用しません。

それくらい傾向がはっきりしているということです。

今回の結論は改修工事前の傾向も考慮して

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は改修工事後の2015年以降の過去4年のデータです。

 

 

圧倒的に逃げ・先行有利です。

特に追い込み馬は最悪な成績です。

この傾向を見るとやはり軸馬は京都金杯と同じく逃げ・先行馬に照準を絞った方が良さそうです。

今回のnetkeibaさんの単勝想定オッズ一桁台はステイフーリッシュマウントゴールド
タイムフライヤーエアアンセムコズミックフォースの5頭です。

この中で先行脚質の馬は

 

マウントゴールド
エアアンセム
コズミックフォース

 

この3頭です。

3着以内を狙うならこの中から選ぶのが無難ではないでしょうか。

ただ頭を狙うなら決め手があるステイフーリッシュというのもアリでしょう。

 


最後に血統傾向です。

過去4年の傾向から調べました。

過去4年の活躍馬の傾向は父キングカメハメハ・ステイゴールドorノーザンダンサー系又は母父にロベルト系です。

今回の該当馬は

 

アドマイヤリード
ウインブライト
クレッシェンドラヴ
コズミックフォース
サンマルティン
ステイフーリッシュ
タイムフライヤー
タニノフランケル
マイネルサージュ
マイネルハニー
マウントゴールド
ヤングマンパワー
ランガディア

 

以上13頭です。

傾向もあったもんじゃないという程対象馬が多くなってしまいました(;^_^A

それもそのはずで今回ステイゴールド産駒が5頭も参戦しています。

ただステイゴールド産駒も良いのですが激熱な血統は父ノーザンダンサー系です。

過去4年で7頭が出走して5頭が馬券内です。

絞るなら父ノーザンダンサー系でしょう。

サンマルティンタニノフランケルマイネルサージュヤングマンパワーの4頭がその対象馬です。

全て人気薄なので狙ってみる価値はありそうです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

枠順次第になりますが、上記でも書いた通り父ノーザンダンサー系は買いです。

そしてこの馬は有馬記念で勝ったブラストワンピースと同じ父である。

3走前にはエアアンセムやグァンチャーレ相手に勝利。

脚質的に不安点はあるが、血統と実績から考えると穴馬としては十分狙える位置にいる。