中山記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中山記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

レース傾向的には完全内枠有利とまではいかないが、普通に考えれば開幕週で当然内枠有利。

ただ逃げ又は2番手辺りに付けられそうな馬であれば、この頭数だとそれ程枠順にこだわらなくても良さそう。

7枠9番エポカドーロは外枠だが脚質的には逃げ又は2番手辺りでの競馬をする馬で、押し上げていけばそれ程不利も無さそう。

その中でも上位人気馬の中では1枠1番ウインブライト3枠3番ラッキーライラックは絶好枠。

先行もできるし、差しもできるので脚質は自在です。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

5枠5番 ディアドラ(1100円)

7枠9番 エポカドーロ(900円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

脚質傾向的にはエポカドーロは上位人気馬の中では確実に最有力。

ただもしかしたらオルフェーブル産駒は早熟かも?という疑念があります。

オルフェーヴルの父ステイゴールド産駒の牝馬は早熟傾向がある。

ロックディスタウンやラッキーライラックが秋以降に凡走。

そしてエポカドーロも3歳秋以降は成績がイマイチ。

ただエポカドーロの場合は牡馬なので今回は脚質的に評価します。

 

そしてもう1頭はディアドラ。

あくまで叩き台というのはわっかているが、54キロという斤量とステルヴィオを捨ててこの馬を選んだルメール騎手の選馬眼を信じます。

中山の鬼ウインブライトや鞍上デムーロのスワーヴリチャードも得意の捲り競馬をすれば十分可能性があるとは思うのですが、今回は消します。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

ようやくこの馬の相棒が戻ってきた。

かなりの強行軍だが、それでも過去記事で書いた脚質傾向・血統傾向・データ推奨馬という判断基準で文句なし!

今回上位人気馬と下位人気馬の格差が大きいが、上位人気馬同士のワイドを狙うくらいならダメもとで勝負します!

一泡吹かせるならこの馬しかいないと思う。