中山記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中山記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦です。

超豪華メンバーでG1レースと言っても過言ではないです。

ただどの馬もあくまで叩き台。

常識的に考えたら6頭立てですが、競馬に絶対はない。

今回も穴馬を探していきたいと思います。

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

開幕週となれば内枠有利と考えるのが普通ですがこれを見るとフラットか、むしろ外枠が若干有利なようにも見えます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると意外です。

穴馬は内枠より中~外枠で出現しています。

でもこれは絶対におかしい。

内枠が不利とは到底考えられないので、もう少し掘り下げて調べました。

上記4頭の脚質を調べると‥

 

 

通過順の部分を見るとサクラアンプルール以外は逃げ又は2番手という競馬

この傾向は枠順ではなくて単純に前に行った馬がその枠順にいただけ。

 

両データを踏まえて今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

これは上記で書いた穴馬の枠順傾向と合致します。

今回の上位人気馬は比較的差しタイプが多い。

そう考えると先行タイプの馬はかなり有利だと思います。

近走出遅れなので先行できなかった時もありますが

 

エポカドーロ

 

この馬は上位人気馬の中では一番前目で競馬が出来そうなので要注意な1頭でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父or母父にノーザンダンサー系又は母父にサンデーサイレンスです。

今回の該当馬は

 

シベリアンスパーブ
ステルヴィオ
ディアドラ
トルークマクト
ハッピーグリン
マイネルサージュ
マルターズアポジー

 

以上7頭です。

ディアドラとステルヴィオ以外は大穴と呼べる馬ばかりです。

この中に波乱を巻き起こす馬がいるかもしれません。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

現時点では出走するのかも疑問だが、出てくるなら狙ってみたい。

G1馬が多数出走する中で波乱を演出するなら、この馬のような強烈な個性を持つ馬。

前走の結果は鞍上がやる気がないのか、馬が悪かったのか定かではないが今回は人気がガタ落ち。

リピーターも何頭かいるレースでもあるのでノーチャンスでは無いと思います。