中山牝馬ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中山牝馬ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

上位人気馬の配置を見ると、まずは8枠13番ミッキーチャームですが、カワキタエンカやクロコスミアやランドネよりもかなり外寄りの配置になりました。

これでこの馬の逃げは消えたでしょう。

今までの逃げの手が打てなくなって、控えてこれまでのように力が発揮できるか?

そして1枠1番アドマイヤリード2枠2番ノームコアは差しタイプ。

内差しも十分考えられるが、これだけ逃げ馬が揃って内に集中した場合、逃げ馬勢がバテてズルズルと後退してきたら進路を確保できるかどうか?

上位人気馬で好枠と言えるのは6枠9番ウラヌスチャームでしょう。

この馬も差し馬で中枠は丁度良い位置だと思います。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

2枠2番 ノームコア(1700円)

(抑え馬)

1枠1番 アドマイヤリード(300円)

 

今回は何と言っても展開に尽きます。

カワキタエンカ・クロコスミア・ミッキーチャーム・ランドネの4頭は逃げてこそ持ち味を発揮する馬。

ここまで逃げ馬が揃うとさすがに差し馬タイプを狙いたい。

脚質傾向の記事でも書いたが、このレースは意外と差し・追い込みが決まりやすいレースでもある。

対抗馬は安定性のあるノームコアを取り、アドマイヤリードは抑えです。

ただ内枠過ぎるのが気になりますが‥‥

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

8戦中7回馬券圏内のベスト距離。

今回鞍上がテン乗りというのはやや不安材料ではあるが、この馬の安定性は群を抜いている。

G3レベルなら買うしかないです。