中山牝馬ステークス2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は中山牝馬ステークスの本命馬予想です。

まずは当レースの枠順傾向から調べたいと思います。過去10年の枠順傾向は以下の通りです。ただ2011年は阪神開催だったのでデータは9年分です。

1枠の複勝率が悪いですね。基本は内枠有利だが開催3週目ともなるとインが荒れている。よって1枠は成績が悪いのだと推測できます。

次にコースデータです。こちらも開催日を指定します。2008年以降の開催5日~6日目でフルゲートのデータです。

やはり1枠の成績が落ちます。だが開幕中盤なので基本的には内枠有利。6枠7枠も悪くはないですが、レースデーだとコースデータで共通するのは1枠は不利2枠~4枠が有利という結論です。

 

それでは本命馬予想に入ります。まず現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ上位4頭ですが、

1 フロンテアクイーン 3.4

2 マキシマムドパリ 3.8

3 トーセンビクトリー 4.6

4 カワキタエンカ 6.0

以上になります。この中から本命馬を選びたいと思います。

フロンテアクイーン

1番人気の信頼度が極めて低いこのレースで、1番人気想定になってしまった。ただ過去5年で調べると1番人気の複勝率は80%です。1番人気だからと言って、穴狙いで簡単には切らない方が良いかもしれません。そしてこの馬自体は近5走で極めて安定した走りをしている。前走はハンデ戦とは言え実力馬ラビットランにも先着。中山コースも得意としてるし有力馬の1頭である。

マキシマムドパリ

今回のメンバーではG1クラスでも戦える実力を持っている。そして牝馬重賞では安定した成績を残しているし、今回引退レースだが実績を考えると軽視できない1頭である。

トーセンビクトリー

近走はハイレベルな馬達との戦いが続いた。今回は久しぶりに同レベルの馬達との1戦。去年の覇者でもあるし、コース適正は文句なし。斤量が今回56キロになるのはやや微妙だが、しばらく馬券内から遠ざかっているし、ソロソロ走り頃かなという印象。

カワキタエンカ

多分今回はこの馬が逃げるであろう。ただ今回は先行馬の数も揃ってる印象。前走のOPでの惨敗も考慮すると本命馬としては不向きかと思う。

 

以上が上位4頭の評価です。この中から現時点で本命馬候補を挙げるとすれば

この馬☟

中央競馬ランキング

枠順次第になるが、近走は牡馬相手に適性距離より長い距離を走っていた。今回距離短縮で一変すかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です