中京記念2018予想 枠順・脚質・血統傾向と本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中京記念枠順・脚質・血統傾向と本命&対抗馬候補の記事です。

 


まず枠順傾向です。

データは中京競馬場リニューアル後の2012年以降から調べます。

今回は16頭立てなので、対象データも16頭立て限定です。

 

 

サンプル数が少ないので微妙ですが、8枠が有利なように見えます。

だからと言って内枠が不利だとも言い切れない。

 

今度はコースデータです。

2012年以降で馬場が荒れ始めた当レースと同じ開幕8日目以降の16頭立て限定のデータです。

中京記念のデータは重複しないように外してあります。

 

 

絶対内枠不利とまでは言えませんが、これも外枠有利とみてよいのではないでしょうか。

両データを加味して今回の結論は

 

6枠~8枠有利

 

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2012年以降の傾向です。

 

 

 

差し・追い込み馬が有利ようです。

特に上がり1位の成績は抜群。

人気所では

 

グレーターロンドン

ワントゥワン

 

は上がり勝負の馬なので警戒が必要でしょう。

 


次に血統傾向です。

近5年の活躍馬の傾向で穴を出すのは父or母父にミスプロ系・ナスルーラ系です。

 

ロワアブソリュー
ブラックムーン
フロンティア
アメリカズカップ
ダイメイフジ
ガリバルディ
ロジクライ
ミエノサクシード
ムーンクレスト

 

上記9頭になります。

ロジクライ以外は5番人気以下の可能性が高いので狙い目はその他8頭ではないでしょうか。

 


 

それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ウインガニオン 4.8
2 グレーターロンドン 4.8
3 ワントゥワン 5.8
4 ロジクライ 7.1
5 リライアブルエース 7.9
6 スマートオーディン 9.9
7 フロンティア 11.3
8 ミエノサクシード 13.1
9 ガリバルディ 13.4
10 ブラックムーン 19.0
11 ダイメイフジ 22.5
12 ロワアブソリュー 29.6
13 アメリカズカップ 62.8

 

基本的に本命馬は5番人気以下から狙います。

上記の血統傾向と既に確定している枠順傾向から考えて本命馬候補はこの馬です。

 

本命馬候補(A)??????

基本的に差しでも先行でもできるタイプ。

この枠に入った以上無理には先行しないはず。

枠を活かして外差しを期待します。

3走前はワントゥワンやロジクライにも先着している。

 


 

次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

ウインガニオン

正に夏馬。

安田記念で14番人気で7着というのは調子が上向いてきた証拠。

差し・追い込みが有利なこのレースだが、今回は逃げ・先行馬が少ないので逃げればチャンスはあると思う。

できればもう少し内枠が欲しかったが‥

 

グレーターロンドン

もう何度もこのブログで話したが、旬を過ぎたディープ産駒は買えない

ただ近2走は完全に捨てきれない走りを見せている。

前走は上り最速でコンマ1秒差の4着。

枠順・脚質傾向的には文句なし。

 

ワントゥワン

デムーロ人気だとは思うが、やや過剰評価な気がする。

ただデビューから21戦で上り3位以内率100%です。

当レースの脚質傾向的には嵌っている。

 

ロジクライ

シンザン記念でジュエラーを破った程の馬。

G3レベルなら劣ることも無いと思うのだが、どうもワンパンチ足りない。

前走のマイラーズカップでは上位3頭は強いのは仕方がないにしても、ガリバルディに先着を許したのはマイナス評価です。

 

以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください