七夕賞2018予想 枠順・脚質・血統傾向と本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。

今回は七夕賞枠順・脚質・血統傾向と本命&対抗馬候補の記事です。

今週は更新が遅れてしまって、2記事分をまとめて書きました。

 


まず枠順傾向です。

データは開催4日目に変更になった2013年以降から調べます。

今回は12頭立てですが、過去5年で同頭数の開催は1回のみなので、頭数制限なしで検索しました。

馬番表記です。

 

 

さすがに開幕4日目で福島競馬場となると外枠は不利。

しかし、12番ゲートまでは複勝率を見ると問題無さそうです。

 

今度はコースデータです。

2008年以降で開幕1~4日目の12頭立て限定のデータです。

七夕賞のデータは重複しないように外してあります。

 

 

サンプル数は少ないですが1番と12番の複勝率は同じです。

コースデータでも内外の差は無さそうです。

 

レースデータとコースデータ共に傾向は一致しています。

よって枠順傾向は

 

枠順有利不利無し

 

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

開催4日目に変更になった2013年以降の傾向です。

 

 

逃げ・先行馬が圧倒的有利なようです。

今回はマイネル軍団の3頭出しで、特に先行できる

マイネルフロスト

マイネルミラノ

 

この2頭は警戒すべき2頭だと思います。

 

 


次に血統傾向です。

近5年の活躍馬の傾向は父or母父にノーザンダンサー系です。

あと穴馬傾向が強いロベルト系です。

逆にミスプロ系内包馬は非常に苦戦傾向です。

ただ今回はこの条件で該当するのは12頭の内10頭もいます。

条件から外れた2頭は

 

バーディーイーグル

パワーポケット

 

この2頭は人気から考えても即切りでも良いと思います。

 


 

それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 サーブルオール 3.1
2 キンショーユキヒメ 5.8
3 プラチナムバレット 5.8
4 マイネルサージュ 6.7
5 レイホーロマンス 6.8
6 マイネルフロスト7.5
7 ワンブレスアウェイ 7.5
8 マイネルミラノ 12.4
9 バーディーイーグル 70.2
10 メドウラーク 90.5

 

今回は大混戦でこの予想オッズもどうなるか分かりません。

多分マイネルサージュとレイホーロマンスが入れ替わるのではないかと思います。

基本的に本命馬は5番人気以下から狙うので、マイネルサージュを5番人気想定と考えそれ以下から本命馬を選びたいと思います。

 

本命馬候補??????

傾向的に前でレースを運べる馬が有利。

この馬の前走は明らかに叩き台の1戦。

そして今回の鞍上はこの馬以外にもう1頭主戦騎手として乗ってる馬がいる。

にもかかわらず同じ先行馬だがこちらを選択した。

コース相性も間違いなく良いので狙いたい1頭です。

 


 

次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

サーブルオール

前走は格上げ初戦のエプソムカップで4着。

前走のメンバーと比較して今回相手関係は楽になった。

ハンデも手頃で鞍上も戸崎騎手。

脚質的に不安な点はあるが、能力的には十分勝負になると思う。

 

キンショーユキヒメ

後方一手の脚質で重賞経験は牝馬限定戦ばかり。

2走前の福島牝馬Sは嵌った感が強く、どう考えても福島向きではない。

それで想定2番人気なら正直買いたいとは思わない。

 

プラチナムバレット

長期休養明け初戦は3着で、前走はまさかのしんがり負け。

ただレース中の怪我によるもので、実力ではない。

しかしトップハンデと怪我の影響がどうかなどの不安は正直ある。

それでも3歳時はサトノクロニクルやミッキースワローを破った重賞ウイナーである。

まともに走ればこのメンバー相手に劣ることは無いはずです。

 

レイホーロマンス

この馬もキンショーユキヒメと同様の評価。

しかしハンデが51キロなら簡単には切り捨てられないかと思います。

 

以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください