ヴィクトリアマイル2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はヴィクトリアマイル2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦で、とにかく人気馬がまともに来ないレースです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると外枠がやや不利なように見えます。

ただ16番ゲートの複勝率が30%あるので判断が微妙ですが。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、やはり外枠は不利ですね。

特に的を絞るなら1~5番ゲートが優秀で、甘めに見るなら10番ゲートまででしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると複勝率では逃げ・先行馬有利です。

ただ勝率はともかく勝数で見ると差し馬が6勝挙げています。

それでもやはりこの数字を見ると、前に行く馬を重視したいですね。

 

枠順の並びにもよりますが、今回はアエロリット、もしくはミッキーチャームが逃げるのでは?

両馬とも逃げないでも結果を残している馬なので、潰し合って先手の奪い合いをするとも思えない。

極端なハイペースにでもならなければ、やはり逃げ・先行馬が軸向きでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系種牡馬です。

中でもディープインパクト産駒は断然ですが、他のサンデーサイレンス系種牡馬も活躍しています。

ひと昔前はクロフネ産駒が活躍していましたが、過去5年で見るとその傾向は無くなっています。

 

今回の該当馬は

 

アマルフィコースト
カンタービレ
キャナルストリート
クロコスミア
サウンドキアラ
サトノワルキューレ
プリモシーン
ミエノサクシード
ミッキーチャーム
メイショウオワラ
ラッキーライラック
レッドオルガ
ワントゥワン

 

以上13頭です。

多すぎて済みません(;^_^A

ただディープインパクト産駒だけに的を絞るなら赤字の7頭になります。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

好走しても人気にならない馬。

ただ馬柱を見ると競争中止と除外を除けば10戦中9回馬券内という超堅実駆けの馬。

前走も下位着順馬までタイム差は僅かというレースだったし展開も向いたが、それでもG1馬相手の2着に入る大健闘。

今回も舐められた人気になりそうなので妙味ありです。