ラジオNIKKEI賞2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回はラジオNIKKEI賞の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ロードアクシス
2枠2番 メイショウテッコン
3枠3番 キューグレーダー
4枠4番 マイハートビート
4枠5番 ケイティクレバー
5枠6番 フィエールマン
5枠7番 キボウノダイチ
6枠8番 エイムアンドエンド
6枠9番 マルターズルーメン
7枠10番 イェッツト
7枠11番 シセイヒテン
8枠12番 ロードライト
8枠13番 グレンガリー

 

現時点での上位4番人気以内は赤字で表記しています。

まず2枠2番メイショウテッコンと4枠5番ケイティクレバーの2頭は絶好枠です。

問題はどちらがハナを切るか。

ケイティクレバーは鞍上が小林騎手に戻ったので、こちらも今回は何が何でも行くか‥

2頭とも絶好枠に入ってしまったので、逆に両馬とも控えないでハイペースになるという可能性も否定できない。

5枠6番フィエールマンと7枠10番イェッツトは特に問題ない枠に入ったと思います。

 

そしてこの記事でも書きましたが、内枠の穴馬は要注意です。

2017年 1番ゲート ロードリベラル 9番人気 3着
2016年 6番ゲート ダイワドレッサー 9番人気 2着
2015年 6番ゲート マルターズアポジー 12番人気 3着
2014年 3番ゲート ウインフェニックス 7番人気 3着
2013年 4番ゲート カシノピカチュウ 14番人気 2着

現在5番人気以下の馬は1枠1番ロードアクシス・4枠4番マイハートビート・4枠5番 ケイティクレバーの3頭は要注意かもしれません。

 


そして最終結論ですが、まず対抗馬は上位人気馬から4頭中3頭選びます。

今回はワイド本線2点+抑え1点の3点勝負です。

掛け金は目安として2000円勝負です。

(対抗馬)

◎―〇 フィエールマン (1100円)

◎―〇 イェッツト (700円)

◎―△ メイショウテッコン (200円)

消 キューグレーダー

 

対抗馬〇2頭は現時点のオッズで同額払い戻しになるように資金配分しています。

抑えは元返しです。

 

対抗馬フィエールマンはディープインパクト産駒。

このレース過去5年で現在のリーディングサイアーBEST4であるディープインパクト・キングカメハメハ・ステイゴールド・ハーツクライ産駒が1頭も来ない年は無い。

今年はこの4種牡馬産駒で出走するのはフィエールマンだけ。

 

2頭目の対抗馬イェッツトですが、戦績を考えたら外せないです。

京成杯3着・プリンシパルステークス3着の実績を持ちながらハンデ54キロは恵まれたと思います。

 

抑えのメイショウテッコンはトップハンデと逃げ争いの危険を考慮しての判断です。

 

今回の消し馬はキューグレーダーです。

正直消せる程決定的な根拠は無いのですが、敢えて上位4頭の中で消すとすればこの馬かなと思います。

徐々に距離短縮で結果を出して、再び距離延長というのが気がかりです。

ただ相手なりに走る馬という印象があるので、来てもおかしく無いですが(;^_^A

 

そして本命馬は‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

狙うなら6番ゲート以内。

このコースと相性が良いミスプロ系内包馬。

距離短縮と福島での実績を重視して狙っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください