ユニコーンステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回はユニコーンステークスの最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 セイウンクールガイ
1枠2番 タイセイアベニール
2枠3番 プロスパラスデイズ
2枠4番 トキノパイレーツ
3枠5番 グレートタイム
3枠6番 ホウショウナウ
4枠7番 グリム
4枠8番 ハーベストムーン
5枠9番 コマビショウ
5枠10番 バイラ
6枠11番 ベストマイウェイ
6枠12番 エングローサー
7枠13番 リョーノテソーロ
7枠14番 ルヴァンスレーヴ
8枠15番 ダンケシェーン
8枠16番 ミックベンハー

 

このコースは外枠になればなるほど有利なコース。

1番人気ルヴァンスレーヴは枠順傾向的に絶好枠に入ったと言って良いでしょう。

他の人気馬グレートタイム・グリム・ハーベストムーンはほぼ並んで中枠配置。可もなく不可もなくという印象。

そう考えるとやはり対抗馬はルヴァンスレーヴを中心に考えるのが無難だと思います。

 


そして最終結論ですが、まず対抗馬は上位人気馬から4頭中3頭選びます。

今回はワイド本線1点+抑え2点の3点勝負です。

掛け金は目安として2000円勝負です。

(対抗馬)

◎―〇 ルヴァンスレーヴ (1500円)

◎―抑え グリム (300円)

◎―抑え ハーベストムーン (200円)

消 グレートタイム

 

今回、オッズ的に対抗馬〇を2頭にすると回収率が低くなるので、ルヴァンスレーヴ1頭に絞りました。

抑えは元返しです。

 

そして本命馬は‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

なぜ今回の鞍上がこの騎手なのか?という疑問はありますが、能力的には上位4頭に食い込める実績は証明済み。

2~3着なら十分圏内だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください