マーメイドステークス2018予想 本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。今回はマーメイドステークスの本命&対抗馬候補の記事です。

1頭の回避馬が出て15頭立ての競馬となりました。

 


それではまず本命馬(穴馬)予想です。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁までは以下の通りです。

 

1 キンショーユキヒメ 4.1
2 ミリッサ 4.3
3 トーセンビクトリー 5.0
4 レイホーロマンス 5.3
5 エテルナミノル 8.0
6 ミエノサクシード 12.7
7 アンドリエッテ 17.0
8 エマノン 18.5
9 ワンブレスアウェイ 22.6
10 ルネイション 24.0
11 ヴァフラーム 37.8
12 フェイズベロシティ 38.3
13 アルジャンテ 47.9

 

今回の本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

まずアンドリエッテは週頭の候補馬でしたので、このまま残します。

その他で候補馬をもう1頭抽出したいと思います。

混戦で穴っぽい馬は多くいるが、この馬が一番チャンスがありそうです。

 

本命馬候補①??????

今回マユキが出走を回避した。

先行がほとんどいない状態だった中でマユキはその数少ない先行馬の1頭だった。

前走先行しているのはトーセンビクトリーとこの馬だけ。

格的には落ちるが、間違いなく前目に付けるはずでハンデ戦で斤量も恵まれた。

できれば内枠が理想です。

 

 


次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

キンショーユキヒメ

前走は先行馬有利な流れの中で見事に差し切り勝ち。

ただ少頭数での1戦だったので、今回も同じように馬群を捌けるかどうか?

今回は人気になっての戦いなので、過大評価はちょっと危険かも。

 

ミリッサ

前走は阪神牝馬で負けはしたが、コンマ4秒差。

チューリップ賞やローズステークスで4着になったこともある馬なので実力はある。

斤量も52キロで恵まれたのではないだろうか。

 

トーセンビクトリー

トップハンデというのは嫌な材料だが、今回このメンバーでスタートがまともなら先行策をとると思う。

展開的には有利だと思うので、あとは騎手次第。

毎回掲示板内をウロウロしているので、今回もその可能性もあるにはあるが‥‥

 

レイホーロマンス

近3走で重賞2回馬券内でその2回が共にハンデ戦。

前走の凡走でやや人気が落ちているかもしれないが、ハンデと距離適性を考えると今回一番お買い得な馬だと思う。

 


以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補2頭目と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

今回軽視予定の馬は距離適性に不安ありです。父の血統を考えても2000は若干長いかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください