プロキオンステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向と本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。

今回はプロキオンステークスの枠順・脚質・血統傾向と本命&対抗馬候補の記事です。

今週は更新が遅れてしまって、2記事分をまとめて書きました。

 


まず枠順傾向です。

中京競馬場リニューアル後の2012年以降のデータです。

14頭立てに対してデータは15頭立て以上のデータしかないので、頭数制限無しで調べました。

 

 

基本的にダートは外枠有利な傾向がありますが、これを見ると複勝率では14番ゲートまでは内外で有利不利は無さそうです。

 

今度はコースデータです。

2012年以降で14頭立て限定のデータです。

 

 

サンプル数は少ないですが複勝率は内外で差はあまりなさそうです。

 

レースデータとコースデータ共に傾向は一致しています。

よって枠順傾向は

 

枠順有利不利無し

 

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

中京競馬場リニューアル後の2012年以降の傾向です。

 

 

ダート戦にしては珍しく差し馬が有利です。

ただ上り1位の馬は成績が悪いことから、追い込み馬は分が悪そうです。

逃げ・先行馬に関しては逃げ馬ならチャンスはありますが、今回は逃げ先行馬がかなり多く厳しいかもしれません。

展開的にも傾向的にも今回は差し馬にチャンスがありそうです。

人気馬の中では

 

キングズガード

 

この馬はかなり有力なのではないでしょうか。

 


次に血統傾向です。

近5年の活躍馬の傾向は父or母父にミスプロ系です。

ナスルーラ系も活躍しているのですが、ただ同じ馬がリピーターとして複数回活躍しているので今回はミスプロ系のみとします。

今回の該当馬は

 

インカンテーション
ウインムート
エイシンヴァラー
ダノングッド
ドリームキラリ
マテラスカイ
ルグランフリソン

 

この7頭です。

 


 

それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 キングズガード 3.6
2 インカンテーション 4.2
3 ドリームキラリ 4.6
4 ウインムート 6.4
5 サクセスエナジー 6.9
6 マテラスカイ 6.9
7 ルグランフリソン 19.9
8 ドライヴナイト 25.6
9 ダノングッド 27.2
10 ナムラミラクル 58.5
11 ブラゾンドゥリス 67.7
12 ブライトライン 96.1

 

基本的に本命馬は5番人気以下から狙います。

 

本命馬候補??????

脚質傾向でも書きましたが、狙い目は差し馬。

特に今回は先行争いが激化しそうなメンバー構成なのでこの馬の脚に賭けてみたい。

騎手もG1常連のトップジョッキーへ鞍上強化。

昨年は当レース6着だったが、騎手も展開も今年の方が良いと思うのでチャンスありです。

 


 

次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

キングズガード

実力・展開共に考えて間違いなく有力候補。

昨年の優勝馬でもあるし、コース適正は実証済み。

現時点では対抗馬最有力候補です。

 

インカンテーション

7歳になってから再び全盛期に近い力を取り戻してきた珍しい馬。

近7走で馬券外は1度のみで、それはG1の東京大賞典。

G3クラスで崩れる心配はないかと思う。

 

 

ドリームキラリ

傾向的に展開的に厳しいと思うが、今回内枠をゲットしたので逃げればチャンスが無い訳ではない。

鞍上デムーロというのも強調材料。

ただ上記2頭と比べると劣るかと思う。

 

ウインムート

この馬は多分夏馬である。

良績が暑い時期に集中している。

ただ実績的には重賞クラスは未知なので、勢いだけでどこまでいけるか?

あと近走逃げか番手の競馬ばかりなので先行馬大多数の今回、重賞クラスのペースについていけるのかどうか?

 

以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

今回軽視予定の馬はその他の馬と比較した場合、格で劣るという点です。

ただ敢えて消すならという程度で、危険と言う程でもないですが‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください