フラワーカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はフラワーカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では11番ゲート以降不利と判断しています。

完全にエールヴォアとコントラチェックの2強オッズです。

上位人気馬の配置を見ると、前走逃げた馬が多い中で4枠4番コントラチェックが最も内側に入った。

6枠8番ジョディーが無理して仕掛けてこなければ、コントラチェックがハナを奪うか。

5枠7番エールヴォアは逃げたのは前走だけで、これだけ逃げたい馬が揃ったならば控えて先行・差しで勝負してくると思う。

そうなると枠順的にも展開的にも理想的な枠に入ったのではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

5枠7番 エールヴォア(1700円)

 

(抑え馬)

4枠4番 コントラチェック(300円)

 

やはりこの2頭でしょう。

ただコントラチェックが勝ったレースは全て逃げた時。

控えても競馬は出来るだろうが、最大限に力を発揮するには逃げてこそなので、そうなると6枠8番ジョディーの存在がやや不安である。

ここはエールヴォアで勝負です。

アルテミスステークスではビーチサンバやシェーングランツに迫った馬で、このメンバーなら十分足りるはずです。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

今回は血統傾向にもデータ推奨馬にも当てはまらなかった馬で勝負します。

買い要素は鞍上のコース成績の良さ、前走からの距離短縮、まだ底を見せていない可能性、そして最後に枠順です。

距離ロスなく内で脚を溜めてからのIN突きに期待しています。