フラワーカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はフラワーカップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦です。

昨年は堅かったが、結構紐荒れする重賞です。

今年も紐荒れに期待しています。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると13番ゲート以降からは馬券になった馬はいません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると、10番ゲート以降からは馬券になった馬がいません。

ただ内枠の1~4番ゲートからも穴馬は出現していない。

データ的には5~10番ゲートが狙い目です。

ただ中山1800mはスタートして間もなくコーナーに差し掛かるので、物理的には内枠有利です。

若駒で揉まれる内枠は不利なのか?それとも開催が進んで内が荒れて不利なのか?

判断が難しいですが、物理的にも傾向的にも外枠が不利であると思います。

 

以上のデータと考えを踏まえて今回の結論は

 

11番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

圧倒的に逃げ馬有利です。

ただ問題は勝った2頭は共に1番人気だったということ。

そして今回上位人気のエールヴォア・コントラチェック・ジョディーの3頭は前走逃げている。

枠順配置次第なのでどの馬が逃げるか分かりませんが、人気の逃げ馬は要注意かもしれません。

逆にハイペースの場合、潰れる可能性も否定できませんが。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトorハービンジャーです。

母父にノーザンダンサー系というのも傾向的にはあるのですが、その父の殆どがディープインパクトorハービンジャーだったので取り上げませんでした。

今回の該当馬は

 

アイリスフィール
エアジーン
コントラチェック
ランブリングアレー
レッドベルディエス

 

以上5頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

昨年と一昨年はこの産駒が特に活躍した。

前走は敗れたが、相手が悪かったと思う。

まだ底が見えていないし、穴馬としては魅力的です。