フラワーカップ2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回はフラワーカップの本命馬予想です。

まずはフラワーカップの枠順傾向から調べたいと思います。今回の登録馬は15頭なのでそれに近い14~16頭立てで、2008年以降のデータです。この記事で書いた同距離のスプリングステークスは2枠3枠6枠の複勝率が良くて7枠8枠は悪かったですが、このレースはどうでしょうか?

勝率は1枠、複勝率は4枠5枠が良い。そして8枠は勝率・複勝率共に悪いです。次にコースデータですが、これはスプリングステークスの記事で書いたコースデータをそのまま再利用します。

やはり見比べるとスプリングステークスと同様に外枠は不利であると判断できます。レースデータ的には7枠の成績は悪くないですが、コースデータ的には7枠の成績は良くないので、このレースも7枠8枠は不利と判断します。

 

ではフラワーカップの本命馬予想に入ります。まずは現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台ですが、

1 ロックディスタウン 2.3

2 カンタービレ 3.3

3 トーセンブレス 4.2

4 メサルティム 7.5

以上になります。この中から本命馬を選びたいと思います。

 

ロックディスタウン

今回は転厩初戦。そしてルメールが阪神でタイムフライヤー騎乗のため鞍上池添。前走は休み明けでテンションが上がり過ぎていたことを敗因として挙げていた。そして今回も休み明け‥‥なんか嫌な材料ばかりが目立つ。だが新馬でタイムフライヤーを破り、牡馬混合の札幌2歳Sを勝利しているこの馬の実力を考えると、今回のメンバーでは頭二つは抜けている。ただこの馬の場合、メンバー云々より気性や環境の変化などの自分自身との戦いだと思う。

カンタービレ

未勝利上りの馬が2番人気想定。鞍上デムーロ込みの人気でしょう。ただディープ産駒で前走の圧勝劇を考えたら、底が見えてないので軽視は危険かもしれない。

トーセンブレス

アルテミスステークスでは人気を裏切ったが、阪神ジュベナイルは上り最速ながら4着。実力はロックディスタウンを除けば、2番人気でもおかしくない。ただ脚質的に後方からの競馬になってしまうので、そこだけが不安材料。

メサルティム

個人的には特に強調材料が無い。2連勝というだけ。本当に4番人気なのかも疑問。軽視予定です。ただ穴馬としてなら狙ってもいいかな。

 

以上が4頭の評価です。メサルティム以外は悩み所ですが、現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

不安要素もありますが、化ける可能性も秘めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください