フェブラリーステークス2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はフェブラリーステークス2019過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 当日馬体重470キロ以上(例外年無し)

① 前走1着(例外年無し)

 

以上になります。

この条件全てに合致する上位4番人気以内の馬は過去10年必ず1頭は馬券圏内に絡んでいます。

ダート戦において馬体重は重要なファクターで、極端な軽量馬はマイナス要素となります。

馬体重は極端な増減は無いと仮定して、前走の馬体重から判断しています。

今回の該当馬は

 

インティ
コパノキッキング

 

この2頭です。

ゴールドドリームは前走2着というのがデータ的にダメでした。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬(例外年1回)

② 前走重賞(例外年2回)

③ 前走G3G2出走馬は前走着順3着以内又は前走G1出走馬は前走人気4番人気以内(例外年2回)

④ 当日馬体重480キロ以上(例外年1回)

 

以上になります。

例外年2回は上位人気で独占した2011年と前走OP戦から参戦した2014年のコパノリッキーです。

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に全てに該当する馬は

 

クインズサターン(馬体重次第)
サンライズソア
ユラノト

 

この3頭です。

今回はこの3頭をデータ推奨馬とします。

ただクインズサターンは前走マイナス6キロでの出走で馬体重476キロでした。

体重を戻して来れなければ対象馬から外れます。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

フェブラリーステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

前走ルメ・デム・モレイラ等の一流外人騎手から日本人騎手への乗り替わりというパターンの馬は基本的には軽視している。

ただ個人的な見解だと、そこ辺りをバッサリ切ってしまうと買いたい馬がいなくなってしまった(~_~;)

騎手力は落ちるが、過去データと血統傾向で合致したのはインティとこの馬だけ。

父にミスプロ系を持ち、脚質傾向にも合う先行馬。

レース傾向と相性が良い5歳馬で、馬体重も500キロ前後と馬格もある。

実績不足は否めないが、3着狙いならこの馬にもチャンスはあるでしょう。