フェブラリーステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はフェブラリーステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利と判断しています。

これを踏まえると3枠3番ゴールドドリームは嫌な枠に入りました。

ですがゲート的には1・2番ゲートが最悪なので、ギリギリセーフという感じ。

そして現在1番人気の4枠6番インティは内にサクセスエナジーがいるので、被される心配も無さそう。

普通に考えれば2~3番手で競馬が出来そうである。

3・4番人気の7枠11番コパノキッキング8枠14番オメガパフュームは差し・追い込みタイプなので外枠は絶好枠でしょう。

上位人気馬の中では枠順的にゴールドドリームが一番マイナス評価ですね。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

4枠6番 インティ(1600円)

 

(抑え馬)

3枠3番 ゴールドドリーム(400円)

 

正直、インティは圧勝か惨敗かという予感がする。

そしてゴールドドリームは無難に馬券圏内タイプだが、枠順がどうしても引っかかる。

ここまでの見解ならゴールドドリームを選ぶのだが、狙っている穴本命馬からこの2頭へのオッズを比べるとインティのオッズがゴールドドリームの倍近くある。

しかも過去記事で血統傾向・データ傾向・枠順傾向の全てで合致した馬はこの馬だけ。

よって今回はズバリ!欲をかきます。

外れたら、多分欲をかき過ぎましたとコメントするでしょう(笑)

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

他馬に邪魔されることのない理想的な枠に入った。

後はこの馬は自分の競馬に徹するだけ。

リピーターが滅法強いレースでもあり、この馬が能力を最大限に発揮できるのはこの舞台だけ。

年齢的にも今年が最後のチャンスでしょう。