フェブラリーステークス2018予想 最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回はフェブラリーステークスの最終結論です。

やはりゴールドドリームとテイエムジンソクの2強オッズ。そしてサンライズノヴァとノンコノユメがそれに次ぐ感じです。

それもそのはずで、4番人気までのノンコノユメまでが全て外枠配置でこのレース荒れないんじゃないの?と正直思います。

そして本命馬候補にしてたゴールドドリームは7枠14番で文句なしでしょう。やはり本命は

◎ゴールドドリーム

この馬で決まりです。問題は穴馬です。有力馬がこれだけ有利な枠に配置されてしまうと馬券内3席の内、穴馬が付け入るスキはせいぜい1席あるかないかというレベル。

そしてその穴馬はやはり外枠から探すのがベストでしょう。ただし過去傾向から考えて9番人気まで。過去10年で5番人気~9番人気が馬券内に来た枠順傾向は以下の通りです。

ここは思い切って5枠以降で決め打ちしたいと思います。狙っていた ケイティブレイブとインカンテーションが内枠に入ってしまったのは残念です。ケイティブレイブは枠順的に最悪。インカンテーションは正直今でも切りたくないのですが、1点勝負なので‥切ります。

外枠で5番人気以下の馬はキングズガード・ロンドンタウン・レッツゴードンキ・ベストウォーリアです。この中から穴馬最終結論を出します。それは

この馬☟

中央競馬ランキング

過去傾向から消せる馬は10番人気以下と牝馬です。多分最終オッズは鞍上人気込みでこの馬が9番人気以内になると思う。落ち目の馬なのは重々承知。だが有馬記念でも鞍上の力で波乱を演出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です