フェアリーステークス2018 予想最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回はフェアリーステークスの予想最終結論です。

1番人気が500円台という大混戦。こういうレースをワイド1点で仕留めるのは難しいですが、頑張ります!

まず本命馬ですが、ここは

◎プリモシーン

この馬で決まりです。血統はディープで母は海外G1で4勝している。そして鞍上戸崎でコース相性は抜群。

その他の有力馬のテトラドラクマは戸崎が降りている。サヤカチャンはアルテミスSが生涯最初で最後の激走?トロワゼトワルだけは正直迷ったが、血統的な可能性と騎手のコース適正の差でプリモシーンを選んだ。

そして穴馬ですが、こちらも大混戦。現在11番人気までが単勝20倍台。各馬の決め手が無いからこそのオッズでしょう。同じく自分も決め手に欠けてます。しかし絞りだすように選んだ穴馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

キャリアの浅い馬の穴馬選びは難しい。血統と騎手のコース適正を1番に考え、次に内枠。この2点で選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です