フェアリーステークス2017 本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回はフェアリーステークスの本命馬予想です。

まず、中山芝1600ですが基本的に内枠有利。開幕週なので尚更です。そこでフェアリーステークスの枠順傾向ですが過去の傾向を見てみると‥

5枠6枠がイマイチですが何故か7枠8枠の複勝率も悪くない。ただ勝率で見ると完全に内枠有利。そこで6番人気以下の馬に絞って枠順傾向を見てみると‥

8枠の複勝率が高い。全体的には内枠が有利だが、完全に内枠で決め打ちするのも危険。穴馬を取り損ねるかもしれない。

これはキャリアの浅い馬がこのレースに多く参戦するので、揉まれる内枠より伸び伸び走れる外枠も良いのかもしれない。

よって中山芝1600は内枠有利なのは承知だが、ワイド馬券的にはフェアリーステークスに関しては枠順の有利不利は無しという考えでいます。

では、現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台ですが‥

1 レッドベルローズ  3.4

2 プリモシーン 4.1

3 サヤカチャン 4.1

4 トロワゼトワル 6.6

5 ジーナスイート 9.1

以上のようになってます。

レッドベルローズ

ディープ産駒というだけで人気になりそう。1戦1勝馬で未知なる実力を買われてるからかも知れない。この低レベルメンバーの中ならその判断も有りかとは思うが、問題は脚質。前走は中団から追い込んで上り最速で勝利。しかしコース的に開幕週的に先行馬が有利。前走のような競馬なら届かずという危険もあるかもしれない。

プリモシーン

この馬も前走は中団から追い込んで上り最速で勝利。しかし初戦は先行して2着。今回も同様の競馬ができれば勝機はある。その初戦の1着馬は阪神ジュベナイルフィリーズ4着馬のトーセンブレス。能力の裏付けもある程度ある。

サヤカチャン

この馬の判断は迷う。アルテミスステークスは2歳女王のラッキーライラックの2着。しかも先行馬。内枠に入ればさらに良いだろう。しかし、血統的にも地味、アルテミスステークス以外の戦績は良くない。あれが最初で最後の激走だったかもしれない。だがこのメンバーなら能力的に要らないとは言い切れない。

トロワゼトワル

この馬は新馬1着。アルテミスステークス4着で戦績的にもマズマズ。そして福永騎手がレッドベルローズよりこの馬を選んだのであれば、気になる存在。それとも先約の関係か。

ジーナスイート

この馬は父ステイゴールドで母父メジロマックイーンというオルフェーヴル、ゴールドシップ等の活躍で有名になった黄金配合。混戦レースならこんな単純な理由から軸にしても良いかなとは思うが、前走の戸崎騎手がプリモシーンに騎乗。先約か捨てられたのか、そこが気になる。

以上が上位馬の評価です。もうどれを本命馬にしたらよいか正直分からないですが、現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

馬の判断は難しい。そうなると判断材料は騎手。乗り替わりやコース相性を加味するとこの馬でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です