ファルコンステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はファルコンステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中京競馬場で行われる芝1400m戦です。

今回の出走予定馬の鞍上を見ると、いかにも裏開催という気がします。

その中でも一流騎手と呼べるのはやはり福永騎手で、1番人気想定のローゼンクリーガーに騎乗です。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2012年以降のデータ以下の通りです。

ちなみに2011年までは1200m戦でした。

 

 

これを見ると決して外枠が来ていない訳ではないが、複勝率で見ると10番ゲートまでは切れることなく馬券に絡んでいます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2012年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると明らかですね。

穴馬は全て一桁番から出現しています。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2012年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

まず注目は逃げ馬の馬券圏内が0回ということ。

確かに逃げた馬は全て人気薄の馬でしたので納得できるのですが、それでも0回というのは見逃せないですね。

今回の出走馬で見るとイッツクールが過去4回逃げています。

穴狙いでもこの馬はあまり買いたくないですね。

逆に狙うなら勝率と複勝率共にトップの先行馬を重視したい。

想定単勝一桁台の中ではハッピーアワーは完全な差し馬で、軸馬としては傾向的にやや割引かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向父にサンデーサイレンス系orノーザンダンサー系又は母父にナスルーラ系です。

今回の該当馬は

 

ザイツィンガー
ショウナンタイガ
シングルアップ
ジャカランダシティ
ダノンジャスティス
ドゴール
ハッピーアワー
ビックピクチャー
ブリングイットオン
ブルスクーロ

 

以上10頭です。

ちょっと頭数が多くなってしまいましたが赤字の馬は単勝想定オッズ100倍前後の馬です。

絞り込むなら青字の馬ではないでしょうか。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

穴本命は5番人気以下から選ぶのが自分のスタイル。

そうなると実績や血統を考えるとこの馬しかいないんですよね。

G2で3着、そして想定3番人気のダノンジャスティスにも先着している。

問題は妙味薄の可能性が高いこと。