ファルコンステークス2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回はファルコンステークスの本命馬予想です。

まず枠順傾向から調べます。中京競馬場リニューアル後の2012年以降のデータです。今回は16頭立てですが、16頭立てのサンプル数が少ないので16~18頭立てのデータです。

これを見ると、5枠までの複勝率が高いですが、勝率は7枠も悪くはない。次にコースデータですが、こちらも同条件で開幕2週目で2012年以降の16~18頭立てのデータです。

こちらはレースデータとは逆に複勝率は外枠の方が良い。1枠の勝率は高いが‥。これは迷いますね。たぶん、その年のその週によって馬場傾向が変わるのでしょう。

こうなるとどの枠順が有利と決めつけるのは危険かもしれません。よって結論は枠順傾向はフラットと判断します。

 

では本命馬予想に入ります。現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ上位4頭ですが

1 ダノンスマッシュ 2.4

2 テンクウ 4.7

3 フロンティア 5.2

4 アサクサゲンキ 5.4

以上になります。この中から本命馬候補を探したいと思います。

 

ダノンスマッシュ

気になることが一つ。主戦騎手の福永はミスターメロディに騎乗。今回は戸崎騎手。これって先約?降ろされた?よくわかりませんが、普通に考えて選ぶならダノンスマッシュでしょうからもう気にしません。話は逸れましたが、朝日杯5着の実績はこの中では最上位。その他のレースで負けたのは新馬の2着だけ。この距離での実績もあるので有力馬であるのは間違いない。

テンクウ

前走はジュニアカップ1着。ハイレベルのサウジアラビアロイヤルCで4着。ダノンプレミアムやステルヴィオとコンマ5秒差以内で好走できたのならダノンスマッシュに劣るとは思えない。

フロンティア

この馬も気になることが一つ。主戦の岩田騎手がタイセイプライドに騎乗。この乗り替わり経緯はなぜか?はっきりしたことはわからないですが、近2走である程度底が見えてきた感じはする。上記2頭と比べると可能性という点でやや見劣りする。

アサクサゲンキ

朝日杯ではダノンスマッシュやフロンティアに負けている。ただ戦績を考えれば前走より距離短縮になるので、軽視はできない。

以上が上位4頭の評価です。フロンティアは個人的にはやや劣るかなと思います。そして現在の本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング
やはり2走前のレベルの高かった1戦を評価したい。そして血統的に今回の距離短縮はプラスだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください