ニュージーランドトロフィー2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はニュージーランドトロフィー2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦です。

今年もいかにも荒れそうなメンバーです。

ルメール騎手のアガラスが1番人気ですが、前走は人気を裏切っての惨敗。

このレースは思い切って狙っていきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると外枠も来てないことも無いですが、やはり内から中枠辺りに好走馬が集中しています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらもやはり同じですね。

穴馬も中枠辺りまでに集中しています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~8番ゲートまで有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると若干追い込み馬は劣勢なものの脚質的には偏りはありません。

展開次第と考えて良いでしょう。

今回のメンバーを見ると、比較的前で競馬をしたい馬が多そうです。

上位人気馬の中ではヴィッテルスバッハは前走500万クラスだが、上り32台の脚を使っている。

ペースが速くなるようなら、この脚が活きるかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト又は父or母父にロベルト系orノーザンダンサー系です。

やはり中山ではノーザンダンサー系やロベルト系というパワー寄りな血統が活躍しています。

 

今回の該当馬は

 

アガラス
アンクルテイオウ
グラナタス
ダイシンインディー
ホープフルサイン
ミッキーブラック
ワイドファラオ

 

以上7頭です。

ちなみに今回はディープ産駒はいませんでした。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回は大穴の部類に入りますが、この馬を推します。

2走前から突然走り出した。

しかも前走は初芝ながらいきなりの勝利。

こういう馬は気になるんですよね。

その前走は最後の直線で最内から大外に切り替えて差し切った。

相手のレベルは疑問だが、このメンバーなら一発あってもおかしくない。